いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

John Edward Beland

markrock2009-08-23

/ Same ( Scepter Records / SPS5113 / 1973 )


ジョン・ビランドといえば、スワンプウォーター、フライング・ブリトー・ブラザーズのメンバーとして知られる、カントリー・ロックの祖の一人。グレン・フライJ.D.サウザーのデュオ、ロングブランチ・ペニーホイッスルと一緒に回ったツアーで、リンダ・ロンシュタットと交友を深め、彼女のバックバンドへの参加を要請され、それがスワンプウォーター結成に繋がり…なんていうカントリー・ロックの伝説の一幕。もう40年ほど前の昔話になるわけだけれど。


さて、その後もリック・ネルスンやガース・ブルックスドリー・パートンらといい仕事をしていくわけだけれど、そのジョンにもソロアルバムがありまして。シェプターからのリリースということもあるのか、ポップな味付けがあり。それが純然たるカントリー・ロックファンには受けが悪い所なのか。


A-1”Banjo Man”は自らもピアノを基調としたSSW名盤を残しているポール・パリッシュがピアノと弦アレンジで参加した、ロマンティックなバラード。ジョン自身が味付け的に弾くバンジョーがいい感じ。A-2”Back On The Road Again”ではモンキーズを思わせるボーカルを強調したミックスとカントリー・ロッキンな音が堪らない。オールディーズ・ライクな所も、後にリック・ネルスンのバックを務めるのは必然、と感じる。A-3”The Music Shop”は一転してジョン自身のピアノによる音楽との出会いを語るあったかいバラード。トロピカルなA-4”Jamaican Bound”をはさみ、ラストはA-5”Turnin’ Out Right”。これでやっとカントリー・ロック・ファンはゴキゲンになるはず。スニーキー・ピートがスティールを弾くイーグルス・ライクな佳曲。注目はドラムスを叩くジョン・リヴィグニという人物。この人、当時はモータウン所属の白人バンド“パズル”に在籍しており、後に白いスティーヴィー・ワンダーとしてフリー・ソウル界隈で持て囃されるソロ名作を生むジョン・ヴァレンティその人。


さらにさらに、アメリカを代表する作曲家スティーヴン・フォスターのB-1”Old Folks At Home”の短いイントロダクションに導かれるB面はこれまた心地よく切ないカントリー・ロックB-2”Going Home”を含んでいて。良い曲。これもジョン・リヴィグニとスニーキー・ピートが参加するLAセッション。続くこれまたロマンティックなピアノ・バラードB-3”Love Don’t Let Me Down Again”も佳曲。さらに、ストリングスも入ったミディアム・カントリーB-4”Prairie Breezes And Ballerinas (For Sarah)”をはさみ、B-5”A Song For Hank Williams”が。冒頭にはラジオ音源を模した形でハンクの”Love Sick Blues”が流れるんだけど、なんとジョニー・ティロットソンがゲスト参加して唄っている。なんでもリンダ・ロンシュタットとジョニー・ティロットソンのアイデアで出来た曲だとか。ジェリー・ジェフの曲みたいな味わいがあって。ラストはその名の通り静かなバラードM-6”Goodbye”でしめやかに。


余り評価されていないようにも思えるのが悲しいところだが、ポップ・カントリー好きな人なら、トテモ良い盤だと思えるはず。