いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

フリッツ・リッチモンド・トリビュート(2006.4.2 渋谷duo)

markrock2006-04-03



行ってきました、ジョン・セバスチャン!と言ってもジム・クエスキン・ジャグバンドのウォッシュタブ・ベーシストのフリッツ・リッチモンド追悼ライブでの来日。フリッツは「ラヴィン・スプーンフル」の名付け親でもあった。ジム・クエスキン、ジェフ・マルダー、セバスチャンの揃い踏みということで大期待した会場の熱気はタダゴトではない感じ。しかも細野晴臣のゲスト参加もあってか、観客はジョン&細野ファンが大多数。業界人だらけ、でもあった。

とにかくジョンの勇姿に涙。。。優しい眼鏡のジョンは全くイメージそのまま。予想外にものっけから”Younger Girl”、”Do You Believe In Magic”、”Daydream”といったスプーンフルナンバーを惜しげもなく披露した。ボーカルの高域はほぼ失われていて、辛そうでもあったのだが、この辺り、80〜90年代に元気な活動が出来なかった理由なのではないかと思わされた(帰宅後”Do You Believe In Magic”を弾いてみたが、ブレスがないしキーも思ったより高く歌いにくい曲だったので、まあ60代での完奏は困難だなと思ったりもした)。しかし、スプーンフルの曲に纏わるエピソードを紹介しながらも、自分が今までに作ってきた音楽が、憧れのジム・クエスキンとのステージで演奏するジャグと地続きなのだと言いたげだった。またハープを吹いただけで観客が盛り上がるというものディラン以来のこと。ベンディングの独特ののどかなフレーズは、まさにワンアンドオンリー。ジョンのサインは家宝にします。

ジェフ・マルダー並びにジム・クエスキンの演奏は実に堂に入ったもの。ジェフには白人ブルーズボーカリストとしての成熟度とコミカルな仕草に圧倒されたし、気難しそうなジムもハリのあるボーカルが素晴らしかった。そうそう、ジェフ・マルダーが披露した”Small Town Talk”では細野さんのマリンバソロに大感激。音数は少ないがオリエンタルなフレーズを叩き出して圧倒的な存在感を示してくれた。

でもでも、最後にイベント全体についての苦言だが、まあギャラの関係だと思いますが、素人みたいな日本のバンドと共演させるのはいかがなものかと。ジャグってウォッシュボードやバンジョーやらああいう楽器を使って形だけを演出すればいいってもんでもないし、旧いSPの音を無機質に再現すればいいってわけでもない。やはりミュージシャンなんだから各人のプレイヤーとしての技量がやはり重要。ステージに上がるとどうしてもおぼつかなさが目立ってしまう。アンコールのセッションでソロ回しをしようにも、百戦錬磨のブルースハーピスト石川二三夫以外はソロが満足に弾けないのってちょっと寂しいですね。石川さんは別格。まあまあ、でも皆様緊張もあったのでしょう。また何しろ夢の共演ですからソロで出しゃばるのもどうか、という日本人的発想もあったかも。最後に忘れちゃいけないが、フリッツさん!ジャグバンド・ミュージックの将来を見守り続けてください!!