いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 David Pack

markrock2006-02-25

/ The Secret Of Movin’ On ( Peak 8519 / 2005 )


これは誰が何と言おうと完璧な最高傑作。コレ、Ambrosiaの中心人物David Packの3枚目のソロアルバムだが、曲良し音良しの見事なアダルト・コンテンポラリー作品に仕上がっていた。Russ Freeman主宰のSmooth Jazzレーベルからのリリースとあって、とにかく極上。打ち込みに頼らない生音勝負で、そこに乗っかるボーカルも全くの衰え知らずだ。

Ambrosiaの大ヒットアルバム『One Eighty』(1980)に収録されていた、全米3位のM-3”Biggest Part Of Me”(Take6版も売れた)、全米13位のM-6”You’re The Only Woman”のセルフカバーも新たなアレンジを加え、渋い出来。代表曲2曲を入れたことでベスト盤的要素も。とくにM-6”You’re The Only Woman”は初めて聴いた時泣きました。新たなアレンジも悪くない。いつも思うが、なんだかサビのコーラスが、Davidの盟友でもあるMichael McDonaldっぽい。当時一世を風靡していただけに意識にあったのだろうか。その他、HeartのAnn Wilsonを迎えたA-1”The Secret Of Movin’ On”は、ベタだが真夜中のFMでかかってほしい大名曲。切ないメロディにしびれる。この盤ゲストも多彩。アクースティックブルースっぽく、クラプトンがイメージされるA-4”Tell Her Goodbye”ではAmericaのDewey Bunnellが参加(ちなみにAmericaの”Horse With No Name”はCSN&Yフォロワー然とした楽曲だが、海外のサイトを見ていると、Neil Youngの曲だと勘違いしている場合が本当にある)。王道AORバラードA-5”A Brand New Start”ではDavidと同じく元バンドがオリジナルボーカル抜きで活動してしまっている元JourneyのSteve Perryが。Steveとの共作だけに、サビ前のメロディがSteveらしい。そういえばSteve PerryとかStingとかって、甲高い声が小林旭風ですね。また、A-8”Where We Started From”では元Poco〜現The EaglesのTimothy B.Schmidtが。この曲はTimothyのオリジナルかと思ってしまった。実にエグイほどにヒット性のあるメロディ。ちなみにTimothyさんの多重コーラスには山下達郎に近い完全主義的繊細さ(ある意味欧米では緻密すぎるため好まれない)があり、日本の市場に受ける。Timothyはサントラ参加も多く、映画『Steal This Movie』のサントラではCSN&Y”Carry On”の完コピ!を披露。これには頭が下がります。本家すらもう再現できないであろう、気迫の出来だ。と、話がずれてしまったが、M-10”Think Of U(Song 4 Kaitlyn)”ではコンテンポラリージャズのピアニスト/プロデューサーDavid Benoitが参加。David Benoitの1994年のアルバム『Shaken Not Stirred』でもDavid Packがボーカル参加しているがその1曲、”Any Other Time”は名バラードで必聴。

Patti Austinのヒット作などプロデューサーとしての活躍が目立った80年代後半以降のDavidだが、今回のアーティストとしてのカムバックは実に嬉しい。そういえば5年ほど前、Todd RundgrenThe Whoの故John Entwistle、Ann Wilson、Alan Parsonsと共にDavid Packが来日。それは意外にもPaul McCartney承認のコピーバンドAbbey Road”としての来日で、友人の誘いにより幸運にもその公演に足を運ぶことが出来た。しかし、The Beatlesファン(つまり60年代ロックファン)一色に染められた会場において、おそらくDavidの知名度は最低レベル。どうなることかと思ったが、自身の”The Biggest Part Of Me”では、マイルドでソウルフルなボーカルがとても良く、観客を魅了していた。