いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Carole King & James Taylor

markrock2010-05-24

/ Live At The Troubadour ( HEAR MUSIC / 2010 )


今更ながら、やっぱり見に行けば良かったな。なんて。でもダメだったんだな。平日のライブだったからと言う訳でもCaroleを昨年見たから、って言うこととも一寸違って。JT見ちゃったら何か目標を失うというか。何の目標だよ!って突っ込まないで下さい。そんな大げさな話じゃないけど…


懐古的かなと思ったけれど、このライブDVDを見ていたら、音楽はやっぱり良いですね、という淀川長治的な結論に達した。初めは、2010年に3年前のライブ映像は古い気もしたけれど。まあ今回のツアーのきっかけになった、しかもあの伝説的なライブハウス、トルバドールでの再会ってんだから、この映像以外あり得ないんだけど。


Carole Kingという人は、裏方が長い人だからか、実は前に出ようとしない人のようで、バンドの中で楽しそうにプレイする姿が一番似合っている。古くはThe Cityだし、Living Room Tourの時もそうだった。すっかり年齢的にはおばあちゃんなんだけど、無邪気な少女のように見えてくるから不思議だ。下を向いてピアノに向かうと、あの日のつづれおり少女そのもの!


辛酸なめ合った”The Section”のメンバーが音を奏でると、40年の時を引き戻す力がある。メンバーを迎え入れて演った1曲目がDanny Kootchの"Machine Gun Kelly"なんて。なんとも良かったなあ。当時のCaroleやThe Section、そしてJo Mamaと競演したTVでのライブ映像なんてのを見ると、結構泥臭い音を出していたものだ。The Sectionから離れた近年のJTがSteve Gaddの音に代表される洗練されたNYの音に近づいていくにつれて、消えてしまった音楽の臭気みたいなものを感じて。


この2人が70年代シンガー・ソングライターの王道を作り上げたことは疑いない。文句の付けようのないステージと選曲でまさかツアーまでやっちゃうなんて誰が想像できただろうか。お互いの年齢を考えると、最後のチャンスだったのだろう。


いちいちコメントするのは野暮なくらいの選曲だが、それぞれのソロやコーラスが熱い"It's Too Late"にしても、"Will You Still Love Me Tomorrow"でのJTのハモにしても、グッと来たなあ。お互い私生活でも色々あったけれど、そんな事がもはや超越できているようで。淀川長治的な、音楽ってやっぱり良いですね、になるのはそこなんだなと。"Smackwater Jack"なんて、Kootchのギターに背中を押されてキャロルも力んでいて、Living Room Tour より断然良かったなあ。


ソウルが隠し味になっている音楽性は、2人が認める通り、初めて演奏したときからひかれ合うものがあったようで。コレって友情なのかな?GerryのエピソードをCaroleが話すと、JTは聴きたがらないように見えるんだ。音楽的には2人が結ばれているように思えてならないのだけれど。