いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Harper Simon

markrock2010-07-03

/ Same ( Tulsi Records / 2009 )


Paul Simonの息子の37歳という遅咲きデビュー作。Paulの作品にも参加していたので名前だけはお馴染みだったかもしれない。


Johnの2世Sean LennonやLowellの2世Inara Georgeも参加した本作は、プレッシャーと戦わざるを得ない人生からくるものなのか、ナイーブな2世らしい作だ。こんな儚げな2世作を今まで何度か耳にした。


4曲のプロデュースで、Bob DylanからLeonard Cohen、らを手がけたBob Johnstonの名前が見て取れる。なんでもHarperはBuffalo SpringfieldGram ParsonsThe Byrds、そしてDylanの『Nashville Skyline』にインスパイアされたとのこと。それが本作の柱を形作っているカントリー・ロック・サウンドに繋がってくる。何しろ故Clarence WhiteとLloyd Greenらとの共作もあるんだから!


冒頭のトラッド"All To God"から、悲しげなメロディに張り詰めた震え声が重なる。歌声の感触はArt Garfunkelに似ている。それはもろにS&Gしている3フィンガーの"Wishes And Stars"で明らかになる。でも呟くところは親父Paulの繊細さが覗いたりして。


ミュージシャンではSteve Gadd(Drums)や親父Paul(High Strings Guitar)、Steve Nieve(Piano、Theremin)、Marc Ribot(Guitar)も参加。Sean参加(Drums、Celeste)のトラックではYuka Hondaの名もある。


また、Paul Simonとの共作が"Ha Ha""Tennessee"、"The Shine"の3曲あり、"The Shine"(Inara Georgeとのデュエット)はPaulの元妻Carrie Fisher(スターウォーズレイア姫)もソングライティングに加わっている。とは言え、HarperはPaulの初めの妻であるPeggyの子だ。


素晴らしい曲はペダル・スティールの効果が絶妙な"Shooting Star"。コレは凄い曲。


先ほどもチラッと述べたとおり、Bob Johnstonのプロデュースものはナッシュビル録音で往年の名プレイヤー、Charie McCoyやLloyd Green、Mike Leechなんかも参加したインディーなカントリー・ロック風味で、これは抜群に新鮮! Paulとの共作"Tennessee"が白眉か。カントリーのバンドの音が抜ける部分を聴くとPaulらしいメロだと判る。

ラスト"Berkeley Girl"は3フィンガーの弾き語りでチビリますよ。


http://www.clashmusic.com/feature/the-sound-of-simon-harper-simon