いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Michael Gately

markrock2006-06-25

/ Gately :Still’ Round ( Janus JLS 3049 / 1972 )


情けなくも入手に時間をかけてしまった、巨漢マイケル・ゲイトリーのセカンド。無茶苦茶良かった!かなりアクースティックメロウな囁き盤で、冒頭A-1”With You Today”の洒落たグルーブですっかり参ってしまった。と思うとA-2”No Dry Change”はチャーチリックのアコギに始まる、カントリータッチの曲。サビは割とキャッチーだ。A-3”You Just Run Away”は「ライオンは寝ている」や「サッド・アイズ」で御馴染みのロバート・ジョンとの共作。センチメンタルな名曲!この感覚を求めていたのだった。そもそもロバート・ジョン‘60年代のソフトロック名盤『If You Don’t Want My Love』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20050321)において、ロバートとの共作曲の高いクオリティに注目したのがマイケル・ゲイトリーとの出会い。ロバートは本盤のプロデュースもマイケルと共に手がけ、コーラス参加も。A-4”Did The Mornin’ Tell You”もカントリータッチだが、張らずにささやくボーカルがいい。巨漢に似合わず、と言っては失礼だけれども、なんだかファンになってしまう。A-5”You’re Too Busy Being Free”はジョージ・ハリスンみたいなスライドをデビッド・スピノザが弾いている。ロバートとの共作で、やはり冒頭のセンチメンタルなムードといい、サックスの入るグルーヴィーな間奏といい、別格の良さ。

B-1”Country Ladies”は粘っこいラテンロックの趣きで驚かされる。B-2”I Couldn’t Love You More”はロバート・ジョンとの共作でメジャーセヴンスが心地良い。B-3”All Too True Blues”は一転ロックンロール曲で、これはイマイチ。B-4”Will You Be There”はまたまたロバートとの共作で甘甘なメロウ曲。いいです。B-5”I Don’t Know If I Should Love You(Lynn’s Song)”はニューソウル的な質感を持っている。マイケルとロバート・ジョンが共にコーラス参加しているアル・クーパー『赤心の歌』と並べて聴きたい所。マイケルさん、演奏に埋もれそうな奥まった歌声がクーパーとよく似ている。ラストB-6”But Then Again”はマイケルのアコギとコーラスが美しく、さりげなくかなりいい。

ちなみにこの盤、ドラムスはリック・マロッタ、ベースはステュ・ウッズ、アコギではスチュワート・シャーフが参加している。アル・クーパーがプロデュースしたファースト『Gately’s Cafe』もまだ持っていないのが悲しいが、この盤日本では余り安くないんですよね。