いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Leon Russell

markrock2009-06-13

/ Americana ( Warner / 1978 )


WoundedBirdからの再発を買ってみた。来日公演は行かないけれど。こちら1978年の盤。そんなに取り沙汰される盤でもないけれど、聴いてみたらノリにノリまくってるじゃないですか!ドラムスはブレント・ネルスン、ベースにジョー・シャーメイ、ギターはジョン・ウッドヘッドとマーティ・グレブ。レオンはキーボード。曲によってはギターやベースを弾いて。シカゴのジェイムス・パンコウとウォルター・パラサイダーも賑やかに参加。


冒頭A-1”Let’s Get Started”がトニカク良い!レオンとキム・フォウリー!、ダイアン・ダイアモンドの共作。跳ねた16ビートの爽快なAOR。もちろん十分に黒っぽくて。この1曲で買ってよかったと思える。二人の亡きアメリカン・セックス・シンボルを歌うA-2”Elvis and Marilyn”はディスコっぽいイントロに一瞬萎えたが、サビのポップな展開が最高!こちらもA-1と同じ3人の共作。ちなみにこの3人の共作曲が計4曲。レオンとキムの共作が3曲。レオンとダイアンの共作が1曲。A-4”When A Man Loves A Woman ”のコンテンポラリーなカバーもなかなか。レオンの歌ってこんなに上手かったっけ?と思ってしまう。ポップ・カントリーなバラードM-7”Housewife”も音的にはイングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーなんかともタメを張る勢い。本作では唯一レオン単独で書いたB-4”Shadow And Me”はジャケと同じか知らぬが犬の声も入る、モノ悲しい1曲。コレだけはレオンの世界。