いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

2006-02-01から1ヶ月間の記事一覧

Brian Wilson

/ Walking Down The Path Of Life/Love & Mercy ( BriMel Records 86960-2 / 2005 ) クリスマスアルバム『What I Really Want For Christmas』(2005)もとてもよい出来で(ちょっと年齢から来る声のオトロエを感じる曲もなくはなかったが)、ブライアンの新作…

 David Pack

/ The Secret Of Movin’ On ( Peak 8519 / 2005 ) これは誰が何と言おうと完璧な最高傑作。コレ、Ambrosiaの中心人物David Packの3枚目のソロアルバムだが、曲良し音良しの見事なアダルト・コンテンポラリー作品に仕上がっていた。Russ Freeman主宰のSmooth…

 Crosby, Stills & Nash

/ Same (Atlantic/Rhino / 2006 ・Originally released in 1969 ) 1月にCS&Nの1stと『Daylight Again』がボーナストラック入りHDCD仕様リマスター盤で再発された(まだ輸入盤のみ)。CS&N関連の公式音源は、ソロ・参加作も含めて集めきったつもりだったが、…

 Dean Cohn

/ Same ( A&M SP4839 / 1980 ) ジャケからするとたいしたことない産業ロック盤のような気がするのだが、スタンダードな楽曲につられ、たいして期待せず買ってみたところ、曲も粒ぞろいな実に渋いブルーアイドソウル盤だった。Dean Cohnという人はよくわから…

 Susan Carter

/ Wonderful Deeds And Adventures ( Epic 26510 /1970 )"A Collections Of Stirring Scenes And Moving Accidents(感動的な場面と心動かされる出来事のイロイロ)"などという副題にこちらが心動かされる一枚。プロデュースは夫Leslie Carterさん。Susan…

 Michael McDonald

/ That Was Then, The Early Recordings of Michael McDonald ( Arista 2008 /1982 ) ”スモーキー”と形容されるハスキーボイスで、今でもソウルフルな歌を聴かせてくれるマイケル・マクドナルド。モータウンの名曲を圧倒的な歌唱力で現代に蘇らせた『Motown…

 Gene MacLellan

/ Street Corner Preacher (Capitol 660 / 1970 ) “Snowbird”と“Put Your Hand in the Hand”という2大ヒットを生み出したカナディアン・ソングライターの自演盤。この盤は2大ヒットに合わせて1st LP『Gene MacLellan』を新装したアメリカ盤と思われる。晴れ…

 木戸やすひろ 

/ KID (MUSKRAT RECORDS RATCD-4303 / 1978 ) 今も現役の名セッションシンガーがビクターから出した唯一のリーダー作。中古で見かけつつもスルーしてきた盤だが、15日にCD復刻され思わず買ってみたところなんとも素晴らしい盤だった。まず何より音が…

 Daniel Moore

/ Riding a Horse & Holding up the World (DJM records 15 / 1998)ポップカントリーのテイストに近い70年代のアクースティックサウンドと言うと、惜しくも亡くなってしまったB.W.StevensonやBrewer & Shipley(彼らの”One Toke over The Line”は Stevenson…

Burton Cummings

/ Up Close And Alone ( Hip-O 40067 / 1997 ) アンタ誰、なんて言わないで欲しいご存知The Guess WhoのリードボーカリストのBurton Cummings。私事で恐縮ながら、”American Woman”の映像を見たのがこの人を知るキッカケ。TOTOのBobby Kimballなんかとよく似…

Bob Dylan

/ No Direction Home (2005) 先日初期ボブ・ディランのドキュメンタリー『ノー・ディレクション・ホーム』を観てきたが、休憩10分を挟んで3時間半という長丁場であるにも関わらず、時を忘れる素晴らしさ。とにかく情報量が多く、濃い!!サントラ盤はもちろ…

Jimmy Webb

/ Twilight of the Renegades (Sanctuary 359 / 2005) 今さら、だが、好評の5枚組に続き9年振りの新作まで飛び出してきたジミー・ウェッブ。ボーナストラック入りの日本盤に先じて輸入盤を買わずにはいられなかった。気になる仕上がりは、少々安上がりなプ…

Cymbal and Clinger

/Same(Chelsea 1002 /1972 ) オールディーズクラシック、”バーボボババーボ”な”Mr.Bassman”で御馴染みのJohhny CymbalがThe Clingers Sisters出身でソングライティングの才もあるPeggy Clingerと組んだデュオの唯一作。Wes Farrellのプロデュースで、とにか…

平尾昌晃=平尾昌晃を歌う (キングレコードSKD 102 / 1971) 1971年という発売年からすると、大御所作曲家が提供したヒット曲のシンガーソングライター風自演盤を期待するが、森岡賢一郎、小谷充、竜崎孝路の編曲の元、オールスターズ・レオンが演奏する完…

川上音二郎一座 

/ 甦るオッペケペー ちょっとした宣伝ではありますが、しゃべってもいいんだ話 〜書籍篇〜をオープンいたしました(リンクから飛べます)。音楽書籍を中心にレビューを載せていくつもりですので、何卒宜しくお願いいたします。 ところで、高石を聴いて思い出…

高石友也 

/ 受験生ブルース 高石友也フォーク・アルバム第2集 〜第2回・高石友也リサイタル実況より〜 (Victor 18233 / 1968) 最近再々発されて手に取るのも容易になった高石友也の名ライブ盤(1968年大阪サンケイホールのリサイタル実況)。この人もオリジナル曲が少…