いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094554j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210318102719j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Crosby, Stills & Nash

markrock2006-02-24

/ Same (Atlantic/Rhino / 2006 ・Originally released in 1969 )


1月にCS&Nの1stと『Daylight Again』がボーナストラック入りHDCD仕様リマスター盤で再発された(まだ輸入盤のみ)。CS&N関連の公式音源は、ソロ・参加作も含めて集めきったつもりだったが、今更ここへ来て買い直すというのもどうかとハタと悩んだ末、まずは1枚だけ、とボーナストラックにつられて食指を伸ばした。リマスターの音にも少々期待して。

さて、とういうことでamazonにて本日到着した本盤だが、ぱっと聴いた印象、少々キンキンしていて、前のデジタルリマスター盤の方が耳に優しいナチュラルな音だった気も。元々オリジナル自体、基本はStills一人でアコギ、エレキ、ベースを演奏していて、宅録っぽい(ちゃんとスタジオで録ってますが)モコモコした音だったから、ギャップもある。モコモコした音に、60年代の不穏な雰囲気がぎゅっと詰まっていたのだから。しかし、まあよく考えてみたら私のオーディオにHDCDデコーダーは内蔵されていないので、16bitでしか再生されない。20bitで再生すればまた違う聞こえ方をするかもしれない。一番気になる冒頭”Judy”のオープンチューニングのアコギの音はさほどクリアになったとも思えなかったが、Stillsのベースの音はプリプリしているし、各楽器・コーラスの分離はとてもいい。ハンドクラップもクリアだ。

意外なのは、捨て曲なしの本盤で一番印象が薄いことで知られる、ナッシュの”Lady of The Island”。こうしたアクースティックな音については、ささやくように歌う艶かしさが伝わってきて悪くない。さらに、クロスビーのハーモニーボーカルが大分前に出てきていて、後のクロスビー&ナッシュの世界により近く聞こえる。こうした歴史の改変を良しと思うか、改悪と思うかは、評価が分かれるところだが、オリジナルLPを持ってさえいれば、マスターテープいじりは音楽愛好者の楽しみでもあろう。続く”Helplessly Hoping”も、イントロから、スティルスの出すノイズがよりくっきり聴き取れるし、3声のボーカルの分離の良さも際立っている。

さて、その他にも聞き込めば色々な違いもありそうだが、ひとまずボーナストラックを聴いてみる。M-11”Do For The Others”は、後にスティルスの名作1stに収録される名曲だが、ここではスティルスリードボーカルに、上をナッシュが、下をスティルス自身がハーモニーをつけている。まだ煮詰められていない感もあるものの、なかなかに良い。「CSNっぽさ」とは、クロスビーとナッシュのハーモニーというより、粗いスティルスのボーカルの音溝を埋めていく甲高いナッシュのハーモニーにあると思うが、それがよくわかる仕上がり。M-12”Song With No Words”は、後のクロスビーの1stに収録される曲。これは、Deja Vuセッション前の、クロスビー&ナッシュによるヴァージョンだが、4枚組ボックスに収録されていたもののリミックスだろう。この雰囲気の再現を夢見て今も彼らのファンであり続けているが、残念ながらこの時期にしか出来なかったのだと思える、緊張感のある演奏が聴きモノ。A-13”Everybody's Talkin’”はスティルスやクロスビーに多大な影響を与えた男、フレッド・ニールの代表曲をCS&Nで演っている。『Stills Live』や『Stills Alone』でもレコーディングを残しているようにスティルス自身は好んで歌った楽曲だが、CS&Nでコーラスをつけた音は初めて聴いた。フォーク時代のルーツを思い知る。そういえば、クロスビーはNYにて、黒人フォーク歌手のTerry Callierと活動を共にしていたようだが、一体どんな音だったのだろう。ちなみにフレッド・ニールは、Stillsの"Change Partners"やCSN&Yでも披露していたがレコーディングでは出し惜しみしてManassasで発表した"So Begins The Task"なんかでコーラス参加している。A-14”Teach Your Children”の2回目のデモ(1回目はナッシュ独り)は、いつものナッシュのおぼつかないギターが微笑ましく、そこにクロスビーがハーモニーをつけていて、レコードのあの音が既に出来上がっている。サビの節が少し違っていて、ナッシュがポップなメロで声を張り上げるのが、なんだかポップグループ出身の彼らしくおかしい。

最後に、一番驚いたこと。裏ジャケで背後霊のようにドアのガラス越しに写っていたドラムス、Dallas Taylorだが、なんと今回は丁寧に消されていた! やはり不気味だったからだろうか・・・。