いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

 木戸やすひろ 

markrock2006-02-17

/ KID (MUSKRAT RECORDS RATCD-4303 / 1978 )


今も現役の名セッションシンガーがビクターから出した唯一のリーダー作。中古で見かけつつもスルーしてきた盤だが、15日にCD復刻され思わず買ってみたところなんとも素晴らしい盤だった。まず何より音がいい。1978年にしては早い、ロンバケ風な(スペクターサウンドとか言う意味ではなく)エコーが効いてふんわりした音だ。そして、数多のセッションで証明済みの美声はもちろん、全ての作曲を木戸自身が手がけていて、駄曲が極めて少ない(作詞は6曲を荒木とよひさが手がける)のも特筆すべき。これほどアルバム通しで”聴ける”作品は70〜80年代のジャパニーズポップスでは残念ながらそうそうない。

冒頭のM-1”ミスター・ミュージック”はしょっぱなから実に”胸キュン”ポップな感じ。ドラムスは他の大半の曲でも叩いている村上ポン太。サビのファルセットでなぜか斉藤哲夫を思い出した。さりげなくいい気分にさせてくれるメロウなM-2”ジン・ジン・ジン(Zin Zin Zin)”〜M-3”テイク・ア・チャンス(Take A Chance)”の流れは完璧。優しさに溢れたM-4”街は眠り始めて”は初期のアクースティックなアルフィーみたい。なんだか坂崎幸之助のボーカルに似て聴こえる。M-5”君にほのぼの”は”グレープ”吉田正美編曲の一曲で、Breadの”If”が明らかに元ネタ。M-6”長い夜”は芳野藤丸の暑苦しいエレキギターのソロがある意味時代を感じさせるが、サビの展開はAORっぽくて悪くない。M-7”ウインク・アンド・キッス”は羽田健太郎のエレピが渋い洗練された一曲。とてもいい。この曲のサビのコード進行でChicagoの”Saturday in the Park”のAメロが歌えるということが2度聴いてわかった。M-8”ラブ・マジック”は唯一時代を感じさせる歌謡曲タッチの仕上がりでオススメできないが、M-9”エイプリル・フール”なんかはディスコサウンドで熱い。そしてスローでストリングスの入ったバラードM-10”君がそばにいれば”がラストに選ばれている。階段コード進行がスタンダード感を演出する。

通しで35分、安部恭弘なんかを思わせる優しいボーカルに本当に癒される。80年代半ば〜バブル崩壊まで続く日本のシティポップの隠れルーツ的な作品だと思う。以後ライターとしても稲垣潤一らに名曲を残すことになるが、クオリティはデビュー作から全く変わらなかった。そういえば、石川鷹彦アコースティックギター入門という番組がもう10年近く前になるだろうか、NHK教育テレビで放送されたが、そこで木戸が歌った”あの素晴らしい〜”はとてもヨカッタです。その時から気になっていたが、やっと彼の自演盤に出会えとても感慨深い。