いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190909172121p:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20191115033300j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。 ●定価:本体3000円+税●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Knob Lick Upper 10,000 / Workout! (Mercury / 1963)

markrock2018-12-18


ノブ・リック・アッパー10000なんて言っても、なんじゃそりゃ?となりますが。エリック・ジェイコブセンが在籍したモダン・フォーク〜ブルーグラス・グループ。エリック・ジェイコブセンといえばジョン・セバスチャン、ザル・ヤノフスキーらのラヴィン・スプーンフルや弟バンドのソッピーズ・キャメル、ティム・ハーディン、ノーマン・グリーンバウム、クリス・アイザックらを手がけた名プロデューサー。SSWのファンにとってはこの人の名前が入っていれば間違いない、というのがありまして。ミス・エイブラムス先生の小学校レコードとか、犬ジャケのレナード・シェーファーとか、インディゴとか、ウィリアム・トラッカウェイ、ストーヴァル・シスターズ、ブライアン・エリオットなんかもありました。

ノブ・リックというのはケンタッキーの町名で、アッパー10000というのはドイツ語で”gentry(ジェントリ)”をあらわす言葉の翻訳なんだとか。ほんとかな。NYのビターエンドで演奏していてアルバートグロスマンと契約し、マーキュリーから2枚のレコード(1962年の『The Introduction of Knob Lick Upper 10,000』と1963年の『Workout!』)をリリースしている。結構モダンなセンスが良くて気に入ってしまった。トラディショナルな定番メロディを大方自作クレジットにしちゃってるのは高田渡風(笑)。実際、『Workout!』には高田渡の”しらみの旅”のメロディの”Wabash Cannonball”が入っている。あとはデイヴ・フリッシュバーグ作で彼の名盤『Oklahoma Toad』に収録されている”Rocky Mountain Water”もあったり。エリック以外のメンバーはブルーグラス・ミュージシャンのカール・ストーリーの甥デュエイン・ストーリー、そしてピーター・チャイルズ。ファーストにはフラット&スクラッグスの定番”Foggy Mountain Breakdown”もあった。あぁ、そういえばエリックがプロデュースしたブルー・ヴェルヴェット・バンドも名盤でした。ビル・キース、エリック・ワイズバーグ、ジム・ルーニー、リチャード・グリーンですね。よく考えるとエリックはトラッドなフォークやブルーグラスにエレクトリックの色を加えてフォーク・ロックの音を作った人の一人。このアイデアやセンスが60年代半ばのシーンに革新をもたらしたんだった。