いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Alan Arkin / Folk Songs (and 2 1/2 that aren’t) - Once Over Lightly

*[フォーク] Alan Arkin / Folk Songs (and 2 1/2 that aren’t) - Once Over Lightly ( Elektra-21 / 1955 )

 

昨年11月28日に行われた鈴木慶一さんのミュージシャン生活50周年記念ライブat Billboard Live TOKYO。コレ、配信で観たけれど、素晴らしかった。糸井重里がデザインしたゲーム「MOTHER」のサントラを完全再現してみせるというもの。ムジカ・ピッコリーノで鈴木と共演していた斎藤アリーナ坂本美雨、スカート澤部渡らとともにダニエル・クオンもゲスト参加していて。絶妙な人選に思えたダニエルの”FLYING MAN”はコンサートの中でも白眉だったと思う。

f:id:markrock:20210426234347j:plain

そのダニエル君から1~2年前に探してほしいと頼まれたのが1955年にリリースされたアラン・アーキンの10インチ『Folk Songs (and 2 1/2 that aren’t) - Once Over Lightly』。レコード番号から、ジャック・ホルツマンが1950年に作った名レーベル、エレクトラの21枚目の作品だったことがわかる。アラン・アーキンはエリック・ダーリング、ボブ・キャリーと共にフォーク・グループ、タリアーズのメンバーだった人。ただ、現在は超大御所アカデミー俳優としてのイメージの方が強いかもしれない。とはいえおよそ65年前のソロ・レコード、しかも10インチ、フォーク関係は結構集めてきたつもりだったけれど、日本ではお目にかかったことがない…ということで、結構探した挙句アメリカから取り寄せた。そんなことで先に聴かせてもらったけれど、ガットギターの弾き語りでアランが美声を響かせる、文字通りモダンなフォーク・レコードだった。その後ダニエル君に渡しがてら聴いたけれど、やっぱり素晴らしく、ダニエル君も唸っていた。

f:id:markrock:20210426231323j:plain

そんなわけで、やっぱり自分も欲しくなってしまって、また結構探しまして(笑)いま手元にあるというわけ。大好きなカウボーイ・ソング”Colorado Trail”の一番良いヴァージョンも入っている。10インチのライナーにも書いてあったけれど、カール・サンドバーグが採取して1927年に出版したアメリカン・ソングバッグ(The American Songbag)に収録されて世に知られた曲。1960年のキングストン・トリオ版より5年早く、アラン・アーキンが取り上げていたことになる。”Kisses Sweeter Than Wine”も素晴らしいテイクだし、アルバム・タイトルの”フォーク・ソングス(2と2分の1は違う)”にもユーモアを感じる。

youtu.be

 

87歳でご存命、まだ歌っている!

youtu.be