いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 佐久間順平 

markrock2008-03-16

/ 最初の花 ( Ren’s Records / 2004 )


高田渡南こうせつかぐや姫)、小室等などフォークシンガーのサポートで知られる佐久間順平のソロ作。ギター、マンドリンフィドルと何を弾かせても上手いこの人、それだけじゃなく歌も上手いってんだから、全くこれが唯一作だと言うことが信じられなくなる。


今から8年ほど前だろうか。世話になっていた某レコード会社の社長に連れられて行った瀬戸口修(「ノブはボクサー」で知られている人)ライブ。そこでサポートに加わっていた佐久間さんを観たのが初体験。実に的確な歌伴プレイ。流麗なギターの音色が何とも素晴らしいと思えたのだ。


それから大分経ってから、佐久間がヒルトップ・ストリングス・バンドなどで近しい関係にあった高田渡が亡くなり、彼の追悼ライブにて今度はソロでの演奏を聴いた。これまた素晴らしかった。(ちなみに高田渡トリビュート』に収録されている”夕暮れ”は一聴の価値アリ)


本作はライブ盤ながら、アコギがかなり良い音で録れている。オススメは、林亭の再演M-4”さるまたの歌”(金子光晴詩)とM-5”酒飲みの唄”。竹田裕美子がピアノで客演するラストのM-8”What A Wonderful World”もご機嫌。


ところで、彼のキャリアのスタートとなった林亭の『夜だから』も捨てがたい。現ハイファイ・レコード・ストア店主の大江田信とのデュオだが、高田渡の方法論で素直に日本語によるアメリカン・ルーツミュージックに取り組んだこの作品は評価されて然るべき。