いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Gus Cannon / Walk Right In (Stax / 1963)

markrock2017-06-20


懸案だった部屋の掃除を少しずつやりながら(レコードと本で動けなくなっていた)、ガス・キャノンのスタックス盤『Walk Right In』を聴いている。ガス・キャノンといえばフォーク・リヴァヴァル期にこぞって演じられた”Walk Right In” (エリック・ダーリングのルーフトップ・シンガーズのヴァージョンが有名)のオリジネイターだ。メンフィスで活躍したガス・キャノンのキャノンズ・ジャグ・ストンパーズのヴァージョンはジャグ・バンド全盛期の1929年にリリースされている。ルーフトップ・シンガーズ版のリヴァイヴァルが1962年だったから、この1963年のスタックス盤はそれを受けてのリリースだろう。コレが正真正銘のホンモノですよ、っていう。

思えばガス・キャノンは1883年の生まれ。亡くなったのは1979年(私の生まれた年でした!)だから、ずいぶんと長生きだった(96歳)ことになる。同い年の人って誰だろうと思って1883年生まれを調べてみると、美食家の北大路魯山人とか二・二六事件の理論的指導者だった北一輝とか。これでもイメージがわかないかもしれませんが(笑)、おばあちゃんフォークシンガーのイメージのエリザベス・コットンでさえ1895年生まれ、ミシシッピジョン・ハートが1892年生まれ…ですから、ガス・キャノンはさらに年上だったことになる。ガスの生まれはミシシッピで、クラークスデイル近郊に移り住みバンジョーを習得(最初のバンジョーはギターのネックで手製だったとか)。音楽的にはブルーズの父であるW.C.ハンディのバンドのフィドル奏者ジム・ターナーに影響を受けている。バンジョー・ジョー名義での1927年の初レコーディングではブラインド・ブレイクがバックでギターを弾いているみたい。うーん、ただただ歴史を感じるけれど、同時代的に俯瞰すればそうした接点も頷ける。

リヴァイヴァル期のガスの単独作は本盤のみであり、しかもR&B色の強いメンフィスのスタックスから出たフォーク作ということでレア盤化してしまい、あまり省みられることがなかったのが悲しい。80歳の時のレコーディングだけれど、歌声やバンジョー演奏は力強い。1920〜30年代に同じく一世を風靡したメンフィス・ジャグ・バンドの中心人物ウィル・シェイド(1898年生まれ)とミルトン・ロビーがそれぞれジャグとウォッシュボードを担当。”Walk Right In”の自演版とともに、ミシシッピジョン・ハートが”Ain't No Tellin'”として1928年にレコーディングしている” Make Me a Pallet on Your Floor”が入っているのが嬉しい。後者は高田渡の名曲”仕事さがし”のメロディに引用されている。”乗るんだよ電車によ 乗るんだよ電車によ 雨の日も風の日も 仕事にありつきたいから”…。ちなみこれはガス・キャノン盤からさらに40年後、2003年の息子・高田漣との共演ライブ高田渡高田漣 27/03/03』のヴァージョンが最高で。