いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

大江千里 / Boys & Girls(Sony / 2018)

markrock2018-12-17


隠れ大江千里ファンって男性に多いんじゃないかな。何を隠そう私もそのひとり。アルバムは全部聴いていると思う。渡辺美里とかエピックソニーの関連作から入って、リアルタイムでは”格好悪いふられ方”がミリオンになったのを目撃した。ジャズ化してからも一応追っている。そう、ここ数年でアナログも大体揃えた。ちなみに2017年にアニメーション映画言の葉の庭新海誠監督)のエンディングテーマとして秦基博がカバーした”Rain”が入っている『1234』だけ値上がりしてるのと、ベスト盤『Sloppy Joe』はアナログの枚数が少ないのでレアになっている。後者はまだ買っていないけど。そう、意味も無く香港ではいまでも売っているカセットテープを取り寄せて音を比べてみたりも。


で、なぜ槇原敬之にも影響を与えた(特に詩の世界なんて)優れたシンガー・ソングライターである彼が歌うことをやめて、単身47歳でNYに渡りジャズの世界へ飛び込んだのか…。日本のファンの方は奥ゆかしいのでそんなこと言いませんし、ご本人もいつかやりたかったジャズに挑戦したかった、みたいなことを仰っておられますが、空気を読まずに言ってしまうと、昔のような声が出なくなってしまったからだと思う。2000年前後くらいから、かなり辛そうになっていたのは、アルバムを聴いてわかっていた。作曲家になるという手もあったのかもしれないけれど、おそらく現役プレイヤーであることにこだわったのだろう。結果、ジャズピアニストの道に辿り着いたのではなかろうか。

で、若い学生に混じってニュースクールという音大に入学し、悪戦苦闘の末ジャズ・ピアニストとしてデビューを飾って…2016年の前作『answer july』ではなんとシェイラ・ジョーダンやベッカ・スティーヴンスと共演ですよ。素晴らしい。しかもアルバムを出すごとにピアノの力量が上がっているという。ここまで来ると、後ろ向きな理由はもはや見えて来ない。才能と努力を掛け合わせると、ここまでミュージシャンとしての可能性を広げられるということに驚かされる。そしてデビュー35周年、58歳を迎えた大江千里の今作『Boys & Girls』ではとうとう自身のヒット曲をジャズ・ピアノ化。前作の付属DVDにあった"秋唄"のアレンジが見事な仕上がりだったので、いつかは他の曲も…とは思っていたけれど。”Rain”に始まり、”ワラビーぬぎすてて”、”格好悪いふられ方”、”十人十色”、”BOYS & GIRLS”、”YOU”、”ありがとう”……「うわぁ、うわぁ、」って言ってる間に聴き終えてしまった。新曲”Flowers”、”A Serena Sky”もある。録音はとても良い。しかも自分の曲だから、料理の仕方を心得ている(それでも無茶苦茶練った痕跡が感じ取れる)。しかもピアノだけ、なのに歌が聴こえてくるという。歌心とはこういうことを言うのだろう。J-POPの聴かれ方がワールドワイドになっている今だからこそ、このアプローチは面白いかもしれない。そして何より、千里メロディーを愛していたことに改めて気付かされる。

『Sloppy Joe2』を特に愛聴していた身からすると、全曲解説っていう千里さん自身のライナーノーツが嬉しい。初回限定盤には収録曲のオリジナルのリマスターが入っていて、そちらも素晴らしかった。現在ジャズ・ピアニストとしてNYでの活動が全て、なのかもしれないけれど、旧作のエキスパンデッド・エディションなんかも是非やって欲しいし、大江千里トリビュートとか、そういったイベントを日本のレコード会社はもっと早くやっておくべきだった気もする。トリビュート・ライブでは最後に1曲だけ"ありがとう"をピアノ弾き語りで千里さんが歌う…なんていう演出を妄想。今後に期待をこめて!