いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

イーグルスのファーストを。

markrock2017-01-28


先日JDサウザーを聴いていたら、イーグルスのファーストを思い出した。JDと一緒にデュオ、ロングブランチ・ペニーホイッスルを組んでいたグレン・フライは大きな野望をもっていて、最高のメンバーを集めて世界一のバンドを作る、と公言していたらしい。

昨年、グレンの共作者、イーグルスのソングライターだったジャック・テンプチン(Already GoneやPeaceful Easy Feelingを書いている)が来日公演で言っていた。メンバーもシャイローからドン・ヘンリー、ハーツ&フラワーズ〜ディラード&クラーク〜フライングブリトーズのバーニー・リードン、ソウル・サヴァイヴァーズ(プアー)〜ポコ〜リック・ネルソンのバックバンド、ストーン・キャニオン・バンドのランディ・マイズナーという確かに最高の布陣で。ドンのドラムスは客観的にイマイチだけど、演奏・歌唱・コーラスも最高。でも彼らは正直良い曲が書けなかった。それでもグレンは相当目利き、というかカネの匂いのする才能を嗅ぎ出す嗅覚があった。周囲の才能のあるソングライターの曲をかっさらっていった感じ。JDサウザーしかり、ジャック・テンプチンやロブ・ストランドランドしかり。ポコ繋がりでティモシー・シュミットもよくぞ連れてきた。たぶん印税で一生仕事しなくても生きていける位、イーグルスのレコードが売れたから、皆文句言わなかったと思うけれど。

このイーグルスのファーストも、明らかに人の曲をかき集めて作った感じ。Take It Easyはご存知ジャクソン・ブラウンの曲だった。ディラード&クラークで取り上げられていたバーニー・リードンとジーン・クラークの共作Train Leaves Here This Morningとともに、両面の1曲目に光り輝いている。前述のPeaceful Easy Feelingもある。Witchy Womanみたいなドン・ヘンリーらしい重たいビートの暗いロックは後期のサウンドを想像させて。でも、快活なカントリー・ロックがやはり気持ち良い。カリフォルニア/ウェストコースト・ロックの象徴的アルバムが、グリン・ジョンズ制作のイギリス録音だった、という辺りも興味深い。当時のライブ映像を見ると、力量・キャリア的にもバーニー・リードンが突出しているのがよくわかる。

Earlybirdなんかは明らかに初期の代表曲でしょう。バンドの中央でガンガン演奏していて。エレキ、アコギと楽器を持ち替えつつ、バンジョーだって巧みだったし。後にグレン・ドンの双頭体制で追い出されてしまうけれど。



ファーストの初期プレス、アサイラム・白レーベルの盤は見開きのゲイト・フォールド・ジャケになっていて、裏ジャケにメンバー4人の姿は無い。手元にあるのはアメリカ盤。後のプレスとはアートワークが違っている。内ジャケもサイケデリックなタッチで、60年代の残り香を感じさせる。そして、音もこれまた違うから驚いてしまう。リマスターなんて言葉が出てくる前の1990年位の輸入盤CDをそれこそ長年聴いて来て、後にアサイラム水色レーベルのLPを買って,それをオリジナルだと思い込んで聴いていたんだけれど…一体今までの音は何だったんだ、と思ってしまった。むちゃくちゃブリブリ言っている音。コーラスや楽器の分離の良さに太いベース…ドラムスが迫ってくるようだし。スモーキーなエコー感も違う箇所があったりと発見が多い。

こちらは後のプレスの裏ジャケ。CDのアートワークもこちらを踏襲している。

昨年グレンが亡くなったとき、グラミー賞で、イーグルスと紹介もされず突然トリビュート・ステージが行われたのを思い出した。Take It Easyを演っていた。アメリカ人じゃなくても見ればわかる、っていう。でも、音楽業界も変わって、おじいちゃんになったヒッピー達が演奏する風景は、いささかタイムスリップしたようで、場にもそぐわないようで、時代が変わった、と思わせられるものがあって。リード・ボーカルは作者ジャクソン・ブラウン、泣きながら歌っているように見えた。わけがわからないけれど、ぼくももらい泣きしてしまった。ドン・ヘンリーはしゃしゃり出ず、下手くそなドラムスに徹していて。昨年新作ソロを久々に出した長髪ティモシー・シュミットも流石に老けたなあと。70歳のランディ・マイズナーも見たかったけれど、ステージには現れず。フェアウェル・ツアーなんかを支えていたギタリストのステュアート・スミス、そしてプレイヤーとして非力なバンドの演奏力を確実に高めていたジョー・ウォルシュに加え、バーニー・リードンが加わっているのが、なんだかホロっときましたよね。グレンが亡くなる数年前、もう体調悪かったのかもしれないけれど、突然イーグルスはバーニーを加えて初期の曲を交えたステージを演っていた。バーニーの頭はスキン・ヘッドになっていて。でもテレキャスで往年のTake It Easyのソロをレコードの通りに弾くんですよね。なんか妙に感動してしまった。ドンによるとこれでイーグルスはおしまいだそうだ。グレンの息子を加えてのリユニオンはあるかも、とか嘘か真か言ってるらしいけれど。まあ、ぼくたちのイーグルスはもうおしまいということになってしまった。


ちなみにバーニーは2003年に、グリン・ジョンズの息子イーサン・ジョンズをプロデューサーに迎えて初の単独ソロ『Mirror』をリリースしている(レビューは→http://d.hatena.ne.jp/markrock/20090301)。