いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094554j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210318102719j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Eagles / Live From The Forum MMXVIII

*['60-'70 ロック] Eagles / Live From The Forum MMXVIII (Rhino / 2020)

f:id:markrock:20201029161522j:plain

11月3日のアメリカ大統領選挙前というタイミングで、リベラルなアメリカン・ロック大御所の快作が。ブルース・スプリングスティーン『Letter To You』イーグルス久々の新作ライブ『Live From The Forum MMXVIII』。2016年にグレン・フライが亡くなった時、ブルースは”Take It Easy”をライブでカバーした。この2作を買って以来、一日一回聴いている。個人的にはどちらも最高だったということ。ただ、苦言を呈するならばイーグルスのDVD付の3枚組日本盤は高すぎる。天下のイーグルス様ならどうせ買うんでしょ、と言わんばかりの価格設定は末期的なレコード会社の苦境を思わせる。マライア・キャリーのDVD付の『レアリティーズ』ってのも足元見てるなあという価格。手が出ちゃうんですけどね。ちなみにイーグルス、私は輸入盤を取り寄せて2000円台で入手。対訳などじっくり味わいたいなら国内盤、ということになるだろう。ちなみにブルースの新作は値段的にもちろん国内盤を選びました。

f:id:markrock:20201029164741j:plain
で、イーグルスのライブは2018年9月12・14・15日の米カリフォルニアのLAフォーラムでの再結成公演を収めたもの。「MMXVIII」はローマ数字で2018。すでにYouTubeでは確認していたけれど、パッケージで聴けるのはやはりうれしい。グレン・フライの穴を埋めるのは、グレンのまだ20代の息子ディーコン・フライと、百戦錬磨のカントリー・歌手、ギタリストのヴィンス・ギル。ヴィンス・ギル入れるのは反則(笑)ハーブ・ペダーセンの如く、誰もがプレイしたがる人だと思う。

f:id:markrock:20201029165045j:plain
ジョージ・ハリスンの息子ダーニのような父親ソックリ容姿のディーコン、声量はもしかしてグレンより上じゃないかと思ったけれど、意外なほど歌わせてもらえていない。お披露目の様子見でもあったのかな。初っ端の”Take It Easy”ではその存在感を見せつけていたし、グレン愛用の古いタカミネのエレアコを持つシーンも。それ以外はイーグルス2007年の28年ぶりの再結成作のファースト・シングルで、J.D.サウザーのファーストのカバー曲だった”How Long”とか(”たどり着いたらいつも雨ふり”みたい!)、ジャック・テンプチン作の”Peaceful Easy Feeling”とか、その辺を歌っている。正直ディーコンに歌ってほしかったヘンリー/フライやマイズナーの曲はヴィンス・ギルが持っていくという。もしかして親の曲は比べられるから歌いたくないのかも…。

 

まあしかし、今回の曲目を見てもわかるけれど、イーグルスというバンドは初期は余り良いオリジナル曲が書けなかったこともあり、色々な才能を見つけてきては金に換え、自我が出始めたら切り捨てるという…ドライで商魂たくましい側面もあった。J.D.サウザーもそうだし(なにしろ”How Long”をカバーした時でさえJ.D.に連絡の一本も来なかったという)、ジャクソン・ブラウン、ジャック・テンプチン、ロブ・ストランドランド、ボブ・シーガートム・ウェイツ…メンバーとなったランディ・マイズナー、ポコのティモシー・B・シュミット、フロウのドン・フェルダー、ジェイムス・ギャング~バーンストームのジョー・ウォルシュもしかり。だから今回、ピュア・プレイリー・リーグほか様々なバンドでプレイし、ソロ歌手として全米No.1ヒット(”Don’t Let Our Love Start Slippin’ Away”をイーグルス版で披露!)も持つヴィンス・ギルを入れたことは実力主義アメリカ的合理性の為せる業か。それでも結成以来のメンバーがドン・ヘンリーのみでは寂しいという理由なのか、グレンの血脈に頼りディーコンを加えた再結成…右も左も何やら確かなものにすがるほかない国情にあるのかと邪推する。

 

ドン・ヘンリーもちょっと見た目お爺ちゃんにはなったけれど、声は衰え知らず。ソロの”The Boys Of Summer”、そして”Hotel California”、”Desperado”…ベタだけど、泣いちゃいましたね。そして後期イーグルスハード・ロック的な重たさを注入したジョー・ウォルシュは、想像通りパワフルなクレー爺になってます。彼やドン・フェルダーなしでは、70年代後半までバンドを延命することは不可能だったと思うけれど、個人的には初期のバーニー・リードン在籍のカントリー・ロック時代が大好き。グレン存命の2013年のリユニオンツアーにバーニーが参加できたのは、今となっては幸せな瞬間だった。

f:id:markrock:20201029165114j:plain