いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Sarah Vaughan / A Time In My Life ( Mainstream MRL-340 /1972 )

markrock2016-08-13




数日の休日の間にレコ部屋の整理を。流石に6畳間が物量的に危機的状況になって来た。次、大地震が来たら、たぶんもろとも潰されるかも。東日本大震災の時は間一髪で子どもの命に関わる事態もあった(コレは本当に危なかった…)。その時は部屋の復旧に半年以上かかっている。レコ漁と並行したライフワークとして、仕事柄(とかこつけて)とりわけ哲学・思想関係の本を買い漁っているものだから、本棚の背中と背中を合わせてタワーを作ったり色々スペース確保の工夫はしているものの、冗談にならない程スペースがなくなってきた。そんなわけで、いま冷静に処分を検討している。例えばビートルズ関係なら日本盤レコは全て処分する、とか、初期プレスだけを残してダブり盤は売る、とか自分なりにルールを作ってですね。ちょっとしたレア盤の類だったら、オリジナルのレコを手に入れたらCDの方は売る、とか。取り急ぎ200枚くらいのレコを抜いてみたけれど、余り状況は変わらないですね…今まで、断捨離とかミニマリストとか、情報への執着を失っているわけではない似非解脱者を一生お掃除やってろ!とか言って相当コケにしてきたんですが、本当にゴメンナサイ。。それなりに断捨離は必要かもしれませんね。。それにしても、処分しては買い…というレコ狂いなら世界共通の全く生産性のない作業なんですが、もし処分の良いアイデアがあったら誰か教えて下さい。

そんなわけで今日も反省なく入手してしまった盤の中から、オッと思ったのがジャズ・シンガーの大御所サラ・ヴォーン『A Time In My Life』。1972年にメインストリームからリリースされたレア・グルーヴ的観点が評価の高い一枚。元の持ち主が入念にビニールカバーをゲイトフォールドの内側まで貼り付けていて、経年変化でノリがベタベタして困ったパターン。全部カッターで切り取るとシールド盤並のジャケが現れてちょっと感動。

安っぽいジャケなので今までスルーしてきたけれど、ボブ・シャッドのプロデュースでアーニー・ウィルキンスのアレンジということで、同じくメインストリームからのフリー・ソウル名盤、アリス・クラーク『Alice Clark』と全く同じプロダクション。並べて聴ける姉妹盤だった!ジョン・レノンの”Imagine”のソウルフルなカバーに始まり、マーヴィン・ゲイの”Inner City Blues”、ラヴィン・スプーンフルの”Magical Connection”、ミシェル・ルグランの曲でマイク・カーブ・コングリゲーションがヒットさせた”Sweet Gingerbread Man”、そしてボブ・ディランジョージ・ハリソンの”If Not For You”とか選曲が秀逸過ぎる。ブライアン・オーガーとAWBのアラン・ゴーリーらの共作”On Thinking It Over”もあるな、と思ったら、ブライアン・オーガーズ・オブリヴィオン・エクスプレス(ドラマーは後にAWBを作るロビー・マッキントッシュ)1971年の『A Better Land』から”Trouble”、”Tomorrow City”を含めて3曲が取り上げられていた。時代を反映してアクースティックなロック・サウンドに接近した好作だけれど、こうした同時代的評価があったことに今更、気がついた。