いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Dan Penn / Nobody’s Fool ( Bear Family[Re-issue] / 1973 [2016])

markrock2016-07-29


ダン・ペンのフェイム未発表曲集第2弾に合わせて、ファースト・ソロ『Nobody’s Fool』のLPリイシューが実現した。ドイツの良心的リイシュー・レーベル、ベア・ファミリーより。ベア・ファミリーと言えば最近『Rock・A・Billy Dynamite』というナント40枚組!のCDボックスを取り寄せたところだった。ちなみにそちらは正直一生かかっても聴き込めない程のシロモノで。エルヴィス、エディ・コクランみたいな定番から絶対誰も知らないような超ローカルなロカビリアンまで、これでもかと詰め込んだボックス。音もアナログに近い凄く良い音で、大興奮していた所。

さて、話を戻してダン・ペンの方。オリジナルを持っている場合はリイシューは手を出さない、という個人的ルールがあるんだけれど、こちらのリイシューLPに手を出したというのはそう、オリジナル『Nobody’s Fool』が高すぎて買えなかった…というわけで。幻の名盤とか言われているモノも、海外から取り寄せると、近年では信じられないくらい安く手に入ることもある。だけれども、この『Nobody’s Fool』アメリカでもムチャクチャな値段が付いてます。てか、そもそもオリジナルのプレスが相当少ないのではないかな。カットされたシングルの方がまだ手に入りやすかったり。まあ今回のリイシューによって、手放す人もいるだろうから、少しは手頃なオリジナルが出回ることもあるかもしれない。

私はCDでリイシューされた輸入盤を長らく愛聴してきた。1996年にRepertoireから再発されたものと、Marvelas Recordという海賊盤風のリイシューCDが手元にあった。後者はフェイムから公式シングルになった2枚の内1枚、”Close To Me”と”Let Them Talk”が含まれている。このアルバムの内容を地味だとかいう人もいるけれど、この抑制されたソウル・フィールは代替不可能!そして後のダン・ペンを考えると結構派手な音も入っていると思いますよ。アメリカのシンガー・ソングライターものやカントリー、サザン・ソウル愛する人にとっては、これ以上のモノはない、と思えるの1枚なのではなかろうか。

アナログは分厚く、プレスも実にしっかりしている。見開きのゲイトフォールド仕様。肝心の音も良かった!楽器の一音一音がクッキリと、ボーカルの息遣いもリアルで。しかし改めて、エルヴィスみたいな白い黒人の音。同時代のニュー・ソウルのような攻撃的な部分もなく(強いて言うなら黒人差別に抗議した”Skin”がそんなタッチだけれど)、こうした白人ソウルがゆくゆくはAORの洗練に辿りつく、ということも理解できる。共作しているドニー・フリッツも久々に聴きたくなってきた。

ドニーもそうだったけれど、90年代以降の録音も素晴らしい。そう、ダン・ペン&スプーナー・オールダムの共演ライブ、DVD付の新装盤が出ていたけれど、目玉のDVDは家宝に出来るレベルで素晴らしかった。店によっては輸入盤が2000円しないという、かなりのお買い得盤なので、DVD目当てで買い直してみる価値はあると思う。