いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

それでも、一歩ずつ

markrock2016-03-19




久々の更新を。大滝詠一のニュー・アルバムが出たりしますしね。そろそろ起き出して。


・DISC1
1.熱き心に
2.うれしい予感
3.快盗ルビイ
4.星空のサーカス
5.Tシャツに口紅
6.すこしだけやさしく
7.探偵物語
8.夏のリビエラ
9.風立ちぬ
10.夢で逢えたら(ストリングス・ミックス)

・DISC 2(初回限定ボーナスディスク)
1.私の天竺
2.陽気に行こうぜ〜恋にしびれて(2015 村松2世登場!version)
3.Tall Tall Trees 〜Nothing Can Stop Me
4.針切じいさんのロケン・ロール



それにしても提供曲のデモやライブ音源で構成されたという大滝の『Debut Again』。当初はジミヘン商法だとか思っていたけれど、今は、関係者の思いが篭められた作品なのかな、と思っている。アナログも出ますね。でも、こんな風にニュー・アルバムをどきどきしながら待つ、というのもある種最後になってしまうのかもしれないな、と思っている自分がちょっと恐くもあって。パッケージ化されたフィジカルなCDなりレコードなり、を享受する一つの時代の終わり、と言うか。もちろんこんなことを言うと、リアルな音楽シーンに対面している現役世代なら、冗談じゃないと怒る人もいるだろうけれど、長年のポップス・リスナーの方々ならなんとなくその感覚を理解して貰えるのではないだろうか。



とはいえ音楽は続いていく、そんな信念もある。ある種のルネサンス、過去の音楽に光を当てながら、新しい今の音楽を切り開く、そんなムーブメントが再び訪れると思っている。この道しかない、なんていう多様性を許容しない時代が過ぎ去れば…

訃報でその音楽に再び触れるのは申し訳ないな、と思うけれど。E,W&Fのモーリス・ホワイト。2月に74歳で亡くなった。チェス・レコードのお抱えドラマーからラムゼイ・ルイス・トリオのメンバーに。1974年のラムゼイ・ルイスの”Sun Goddess”で再び共演するわけですが。インタビューでは声が聴き取れないくらい声が小さく、寡黙で思索的な雰囲気をもっていたとのことだけれど、その一歩引いたような立ち位置はその音楽にも現れている。とはいえ、音楽的土壌の広さやバンドに篭めたスピリットは、誰しもがリーダーと認める才能だったと思う。アースの諸作も語り出したらキリがないけれど、モーリスの訃報を聞いて真っ先に思い出したのが1985年のソロ『Stand By Me』だ。個人的には大好きなアルバム。ソウルにもデジタルな色が出てくる時代なので、音作りには好みがあるけれど、モーリスの伸びやかな歌声が楽しめる名ブラコン盤だと思う。ベン・E・キングの定番”Stand By Me”のカバーを聴いていたら、なんだか泣けてきた。R&Bチャートで30位まで上昇したバラード”I Need You”(ウィリアム・スミッティ・スミスとプリシラ・クーリッジらの共作)もとても良くって。


これは来日時のもの。

そして、村田和人の若すぎる死。いまだに亡くなったとは、にわかに信じがたい。”電話しても”のフレッシュなバンド・サウンドや”一本の音楽”のスケール感は今の時代にも明るく響いてくる。山下達郎がプロデュースを手掛けたこの2曲から、近年の『ずーーっと夏。』3部作などに至るまで、クオリティの高い作品を残してくれた。杉真理とアロハ・ブラザーズを結成した頃に、ライブで拝見したけれど、穏やかで包容力のある人柄と歌声が魅力的だった。


山本圭右、平松愛理、西司と結成した1987年のHoney & B-Boysシュガー・ベイブ愛に満ちたトリビュート作のような趣きだった。ラストのシュガー”雨は手のひらにいっぱい”のカバーがとっても眩しくて。


ジョージ・マーティンキース・エマーソンフランク・シナトラJr.まで…それでも一歩ずつ。音楽は続いていく。