いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Ramsey Lewis / “Live” In Tokyo

*[ジャズ] Ramsey Lewis / “Live” In Tokyo( GLOBE / 1968 )

釣りはクセになる。ほとんど最近は(レコードと)釣りのことばかり考えている。気づけばもう7月一週が終わる!

f:id:markrock:20200705084854j:plain

今日はラムゼイ・ルイスの『”LIVE” IN TOKYO』を。1968年サンケイ・ホールにおける来日公演の模様を収めたもの。当時最大のヒット曲だった“The ‘In’ Crowd”を聴いている観客のノリが最高(笑)興奮が濃厚に伝わってくる。ラムゼイ・ルイスはジャズ・ピアニストとはいえ、ソウルからフュージョン、歌ものも含めて幅広い活動で知られている人。ジャケの見た目では折り目正しさがあるんだけれど、聖から俗へ身を投げて観客を躍らせてしまうようなイメージがなんとも良い。”Unchain My Heart”とかベタベタな選曲もいいし、ロック世代の楽曲を軽やかに料理した”What The World Needs Now”や”Ode To Billie Joe”、そしてオリジナル”Soul Ginza(ソウル銀座)”もある。

 

そして何といっても、ラムゼイ・ルイス・トリオのリズム隊ヤング&ホルトが抜けた穴を埋めたドラマーのモーリス・ホワイト(後のアース、ウィンド&ファイアー)の参加が注目に値する。1974年にモーリスがプロデュースした『Sun Goddess』の伏線でもあるし、”Song For My Father”ではドラム・ソロやカリンバの独演もある(喝采を浴びている!)。すでにE,W&Fのアイデアは生まれていたのかも。レコ棚を見たら”Soul Man”のカバーなんかを演っている1967年の『Up Pops』があったが、これもモーリスのドラムだった。

 

そういえば、ナンシー・ウィルソンとの1984年の共演盤『Ramsey & Nancy』が初ラムゼイ体験。もちろん、当時大好きだったTOTOデヴィッド・ペイチリオン・ウェアデヴィッド・フォスターと書いた”Slippin’ Away”のカバー(オリジナルはリオン・ウェア)がお目当てだった。