いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Felice & Boudleaux Bryant / Touch of Bryant ( CMH 6243 / 1980 )

markrock2015-06-07


フェリス&ブードロー・ブライアント夫妻。オールディーズ探索をしていてぶつからないはずの無い名前。個人的には高校生の時、高田馬場の中古レコード屋タイム(懐かしい!)でエヴァリー・ブラザーズのベスト盤を買いまして。心酔していたサイモン&ガーファンクルのルーツだと聴いたものだから、聴きまくった所、好きな曲は全部ブードロー・ブライアント(あるいは妻フェリスとの共同)作品だった。

ただ、この時点では何者だろう、という認識。エヴァリー兄弟の変名かな、とか想像力をたくましくして。Boudleaux(ブードロー)なんてのも当然読めなかったし。ただ、エヴァリー兄弟のオリジナル曲は”When Will I Be Loved”(Phil作)なんかは印象に残ったけれど、出来としてはブライアント楽曲よりちょっと落ちるなあ…と思ったりもした。それに比べるとブライアント(夫妻)の楽曲は掴みがしっかりしていて(曲によってはアコギのロックンロール風リフがあるのも面白いけれど、コレは誰のアイデアなのかな?)、楽曲構成も巧みだった。何よりカントリー特有の甘さがある。泣く子も黙る”All I Have To Do Is Dream”、”Bye Bye Love”、”Wake Up Little Suzie” 、”Devoted To You”、”Love Hurts”…どれも空で歌えてしまう名曲。サイモンとガーファンクルは相当影響されたと思う。トム&ジェリー時代はほぼエヴァリーズのコピーだし、デビュー後も”Bye Bye Love”や”Wake Up Little Suzie”をアルバムで取り上げたり、後年は本家エヴァリーズと共演もしているほどだった。そう、ジョージ・ハリスンは”Bye Bye Love”をマイナー・キーの替え歌にして『Dark Horse』に収録していたけれど(”Bye Bye, Love”)、ジョージと別れてクラプトンとくっついたパティ・ボイドを暗示する”There goes our lady, with a-you-know-who. I hope she's happy, old Clapper too.”なんて歌詞を新しく足したりして。



他にもロック世代からのレスペクトは熱く、”Love Hurts”は自身も優れたソングライターであるジミー・ウェッブが歌っていたり(ロイ・オービソンの流麗なヴァージョンもあるし、ナザレスやシェール、ジム・キャパルディもリバイバルさせた)、グラム・パースンズ&エミルー・ハリスに至っては”Sleepless Nights”や”Brand New Heartache”と共にカバーしてもいる。さらにエヴァリーズの"Take a Message To Mary"はボブ・ディラン『セルフ・ポートレイト』で取り上げていた。


他にも、バディ・ホリーの名バラード”Raining In My Heart”や、米テネシー州の州歌になっているオズボーン・ブラザーズの”Rocky Top”など、アメリカの心の歌と言ってもよい作品を生み出している。大滝詠一山下達郎がアコギ1本でエヴァリーを演ったセッション(ニック・ロウデイヴ・エドモンズロックパイルが下敷きかな。ところで最近老いたニック・ロウと晩年の大滝詠一を重ね合わせてしまう…)でのブライアント楽曲も忘れがたい。

さてさて、このアルバムは1980年の唯一の自演盤。80年代によくあった日本の演歌ソングライターの自演盤と似た安上がりな雰囲気なのが面白い。もうちょっとアーティスティックな工夫があっても良かったような気もするけれど、道楽アルバムなんでしょうな。余り売る気概を感じ取ることができない。もう半ば引退といった感じだったのかも。ブードロー60歳、妻のフェリスが55歳の年のアルバム。目立ったゲストというと、”When I Stop Loving You”にレニー・ブロウとチェット・アトキンスというそれぞれジャズ/カントリー界の大御所がガット・ギターで参加。ブードローも混じってソロを弾いている。チェットはそもそもエヴァリーズのオリジナル”All I Have To Do Is Dream”などでも曲のイメージを印象づけるギターを弾いていた。フェリスとブードローの歌はお世辞にも上手くないけれど、曲によってソロだったりデュエットしたり歌い分けている。”Raining In My Heart”はフェリスの消え入りそうできれいなボーカルがよく合っている。他にも”Rocky Top”や”All I Have To Do Is Dream”の自演を収録。もちろんナッシュビル録音。アンペックスの8トラックレコーダー(440)で録音、と書いてあるけれど、60年代後半に出た機材だから、1980年当時としては、新しくないですね。



ところで、1962年にブードローは”Too Many Chicks”というヒット曲をカントリー界初の黒人女性レコーディング・アーティストだったレオナ・ルイスに提供する。レオナ・ルイスを見出したのは前回の「SSWの快楽」で取り上げたウェイン・カーソンのソロをプロデュースした、モニュメント・レコードのフレッド・フォスター。フレッドは、ブードローの女性秘書の名前がボビー・マッキー(Bobby McKee)だったことに目を付け、クリス・クリストオファスンに”ミー・アンド・ボビー・マギー(Me and Bobby McGee)”を書かせたのだという。ジャニス・ジョプリンもレコーディングした名曲の誕生エピソードだ。