いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

ジミー・ウェッブの落ち穂拾い 2 シングル・オンリー楽曲

markrock2015-03-08


ジミー・ウェッブの落ち穂拾い 第2回はウェッブのシングル・オンリー・リリース楽曲を整理してみたい。これだけYouTubeで色々聴ける時代になっても、45回転のシングル盤の人気はなかなかのものだ。日本ではレアなものに関しては買える店が少ないし、あったとしても高い(笑)一時期よりは安くなったし、一部良心的なお店もあるのだが…そんなわけで私もちょこちょこ海外から二束三文のシングル盤を探して買っているのだが、送料込で大体新譜1枚買える値段になってしまう。ドカ買いしないと採算が取れないので、余り手は出していないけれど…



まずはMotown音楽出版社Jobete Musicに拾われた後、ルー・アドラーとジョニー・リヴァースのレーベルSoul CityからリリースされたStrawberry Childrenから。フラワー・ムーブメント全盛のカリフォルニア産サイケ・ポップの佳作”Love Years Coming / One Stands Here”(愛の季節がやってくる…サマー・オブ・ラブですね)(Soul City 758 /1967 )のシングルが1枚だけ残っている。A面を初めて聴けたときの感動といったら…音にも情報にも飢えていましたから。今やRavenの編集盤『Tunesmith』にも公式収録されたし、YouTubeでも簡単に聴ける。ウェッブのクセのある歌唱がそれこそクセになるこの曲、ジョニー・リヴァースのプロデュース、アレンジはウェッブ自身。レコード番号はSCR(Soul City Recors)758。ウェッブの快進撃のキッカケとなるフィフス・ディメンションの”Up, Up And Away”がACR756ですから、ほぼ同時期。もちろん自身のシングルは売れなかったわけで、自演志向のあった彼も一旦は諦めたのだろう。後半のヴァースにはペットサウンズ(”God Only Knows”のリフレインを拝借したとのこと)やサージェントの時代の香りがするけれど、その直後にブライアンやポールと肩を並べるソングライターとなるわけで。レッキング・クルー絡みの音のように聴こえるこの曲、The Matchのカバーも知られている。

B面の”One Stands Here”は今聴いていて気付いたけれど、Maximusのプロモ『THE JIMMY WEBB SONG BOOK』収録のものとは違ってインストになっている。歌入りのデモは録ったものの、ここではA面で勝負するためにもインストにしたのかな。インストはバンドの音で録り直している。歌入りの方は後にジョニー・マン・シンガーズが1969年に取り上げてもいる。




お次はThe Midnight Mail featuring Jim Webbの”I Can’t Get It / I Can’t Quit”(AUDIO ARTS! 60003 / 1967)。AUDIO ARTS!からリリースされ、AMY-MALA-Bell Recordsのディストリビューションで流通。ただ、私の持っている盤はプロモ・コピーだから、どれだけ出回ったのかは不明。AUDIO ARTS!は1910年代に生まれた名作コメディ・マンガを映画化した『ガソリン・アレイ』に出演した女優(レス・ミッチェルの妻)メイデロン・ベイカー所有のレーベル。モータウン音楽出版会社Jobate Musicのあとにウェッブが所属していた。フィフス・ディメンション・タイプのノーザン系コーラス・グループのインクレディブルズのシングルや1969年にグラミーにノミネートされた女性ゴスペル歌手カシエッタ・ジョージ&ザ・カセッツ(”Didn’t We”もレコーディングしていたり)のシングルなどをリリースしていたレーベル。インクレディブルズの”Moving On”(1966)もウェッブは書いている。 The Midnight Mailのこの盤はレーベル初期の単発のリリースということになる。両面ウェッブ作。A面” I Can’t Get It”はウェッブのストーンズ・コンプレックス丸出しの曲。重いビートでむっちゃ力んで”And I’ve Tried…”なんてリフレインがあって曲名が”I Can’t Get It”ですから、”(I Can’t Get No) Satisfaction”じゃん、っていう。お茶目です。ウェッブはストーンズみたいな曲をやりたくてしょうがない、という性癖がありまして、自身のアルバムにも必ず1曲場違いなロックを入れる傾向にあるのだけれど、プロデュースしたテルマ・ヒューストンの『Sunshower』では観念してストーンズの”Jumpin’ Jack Flash”をまんま入れちゃってもいたり。B面”I Can’t Quit”はジャジーな雰囲気のシャッフル調のミディアムでAメロはウェッブとメンバー(不明)のユニゾンで歌われる。悲しいラヴィン・スプーンフルみたいなフォーク・ロック風味もあるけれど、かなりB級。嬌声やら奇声も入ったりして、混沌としたドラッギーさもありつつ。


「Midnight Mail」と聞いて思い出されるのが、”Believe It Or Not〜”というグレイテスト・アメリカン・ヒーローのテーマで80年代大ヒットを飛ばしたアメリカでは結構有名な一発屋ジョーイ・スカーベリーのシングルに”Midnight Mail”(Dunhill 4209 / 1969)がありました。たぶん”Midnight Mail”というこの言葉が耳に残っていて、曲にしたのだろう。ノーザン系の超名作シングルです。コレ、実はB面でA面は”House Of The Rising Sun”のカバー。プロデュースはリバティ・レコードのプロデューサーだったダラス・スミスでアレンジはアル・キャップス。60年から70年代初っ端までのウェッブはスタッフにも恵まれて本当に神懸かっている。グレン・キャンベルのシボレーのコマーシャルとかもあるけれど、それすら良い、という。あと、ジョーイ・スカーベリーは同じプロダクションで1971年に”Mixed Up Guy”をリリースしていて(Lionel 3208 /1971 )、全米73位にチャートインしている。テルマ・ヒューストンやナンシー・ウィルソンが歌った”Mixed-Up Girl”の男性版で、こちらも超名曲!

さて、ダンヒルでのウェッブと言うと、「想い出のきずな / モダーン・リリージョン」のタイトルで日本盤もリリースされていた”One Of The Nicer Things / I Don’t Want This Modern Religion”(Dunhill 4147 / 1968)がある。A面の名バラード”One Of The Nicer Things”はウェッブらしい美麗なバラードで、かみしめる様に歌われるリチャード・ハリスの名唱(1969年のシングル・リリース)もファンには知られている。アレンジはクレジットはないけれど、ウェッブ自身と思われる。B面はまたしてもロック・コンプレックスの賜物のようなB級ガレージ・ロックで作者クレジットはTraverとあるが詳細は不明。

プロデューサーは両面共にウィリアム.F.ウィリアムズ。彼はハリスの『A Tramp Shining』や1982年のウェッブのソロAngel Heartのスーパーバイザー、そして『And So: On』ではピンボール・マシン提供(笑)でクレジットされているウェッブのマネジャー。ウェッブ楽曲を管理するキャノピー・プロダクションの共同設立者、A&Rで、後に同様ウェッブの楽曲管理会社ホワイト・オーク・ミュージックにも関わっている。近年もナッシュビルのソングライター、バイロンヒル『Stay A While』(2008)に作詞で関わったりとナッシュビルの音楽シーンに一応留まっているみたい。キャノピー時代にはソングライター、ボブ・シラーの『This Is Siller’s Picture』Dunhill 50045 / 1968)(ウェッブもポエムを寄せている)のプロデューサーを務めている。このアルバムは同時期のウェッブ作品や『A Tramp Shining』と被る印象の音でとても良い。ソフトロック調のポップソングもあれば、ギター弾き語り楽曲にオーケストレーション(ウェッブではなく全編エルトン(スキップ)・モッシャーのアレンジ。モッシャーはウェッブの『Letters』にもベース、フルート、サックスで参加している。)を付けた曲なども耽美的で。当時シンガー・ソングライターのバッキングを数多く務めていた1973年のラリー・カールトンの歌モノ『Playing/Singing』には” Wavin' and Smilin'”が取り上げられたり、1975年にはフリーダ・ペインやエル・チカーノ、ボナルー(ドゥービー・ブラザーズのマイケル・ホサックのバンドのデビュー盤にメンバーとのビル・コモとの共作を)に曲を書き、70年代後半にはウェッブも何度か関わったテルマ・ヒューストンやレア・アース、そしてフィフス・ディメンションモータウン盤にも楽曲提供しているが、1978年以後の楽曲提供がないことからするとそこいらで足を洗ったのかもしれない。


最後はベルからリリースされた”Lost Generation / I Can’t Quit”(Bell 9167/ 1970)。コレA面”Lost Generation”は広告なんかも見かけるし、ピクチャー・スリーブのシングルも存在することからして、そこそこ金をかけてリリースされたのだろうけれど、同年Repriseからのソロ・デビューもあったわけで、黙殺されたんじゃないだろうか。プロデュースは前述のAudio Artsのメイデロン・ベイカー。Audio Artsからジョニー・リヴァースのSoul Cityに15000ドルで引き抜かれたようだ。B面はThe Midnight Mailの”I Can’t Quit”をそのまんま収録。あまり話題にならないのはかつての恩人とはいえ、ウェッブも余り語りたがらない盤だからなのかも。
(つづく)