いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

[本」CROSSBEAT Presents CON-TEXT VOL.2

markrock2015-03-13



「好きなミュージシャンは?」



「デヴィッド・クロスビー」



「…」



このやりとりがいまだに忘れられない。おそらく15年くらい前のこと。某大学にあったフォーク・ソング・サークル、その名もスナフキン。ここにふらっと立ち寄った彼との会話。「ゆず」とか「ミスチル」「スピッツ」とかそんな時代ですよ。そこで出て来たのが「デヴィッド・クロスビー」。私は思わず唸ってしまい、"Wooden Ships"のリフを弾きはじめて…



そんな彼とはたまたま同じ東京・多摩地域に住んでいたこともあり、レコードを聴く会、これを何度もやりはじめることになる。中田佳彦と大滝詠一のランプポスト、みたいなものが念頭にあったような気もするけれど、お互いこれぞ、という音楽的発見を披露し合い、影響し合った部分があった。お互い60〜70年代の洋邦のフォーク・ロックに深い関心があったし、そんな音楽を知る人は身近にほとんどいなかった。


彼はその後当たり前のようにロック・ライターになり、私淑する曽我部恵一とも会い、カレン・ダルトンの日本盤のライナーを書き、バーズの再来といっても過言ではないビーチウッド・スパークスの良き理解者となり(今思い出したけれど、その縁でデイヴさんの来日公演用にアコギをお貸ししたこともありました)、故佐藤一道氏とはじめたネット・ファンジンMonchcon!(モンチコン)でインディー・ロック・シーンに一大旋風を巻き起こす。2012年にブログの書籍化(+加筆再編集)『モンチコンのインディー・ロック・グラフィティ—The First Annual Report Of Monchicon』(DU BOOKS)を出版、FMおだわらで同名番組がレギュラー放送された。2014年にはCROSSBEAT Presents CON-TEXT』(SHINKO MUSIC MOOK)が、フリーペーパーでのCON-TEXTを挟み今年2015年、晴れてCROSSBEAT Presents CON-TEXT VOL.2』が出版。今ちょうど書店で平積みになっている所!

そんな「彼」というのが清水祐也くんその人。売るための取って付けたようなヨイショ記事ではなく、「この音楽が好き!」で始まるレビューが読めるのが嬉しいし、インタビューにしても音楽の生まれた文化的背景をさりげなく掘り返すその視点は鋭い。文章は粋。紙面はスタイリッシュでありつつ、70年代のカタログ雑誌を思わせるトリビアルな情報もあって。だいいち「グリズリー・ベアとマイケル・マクドナルドを繋いだ女の子がいた?」なんて記事だとか、グレン・キャンベルやジミー・ウェッブ、スティーリー・ダンフリートウッド・マック、パールズ・ビフォア・スワイン、ノーマン・グリーンバウムなんて名前が出てくるインディー・ロック雑誌がいまだかつてあっただろうか?



ということで新刊CROSSBEAT Presents CON-TEXT VOL.2』、副題「EAST meets WEST」「さよならアメリカ さよならニッポン」。良いですね。NYのフォー・シーズンズとCAのビーチ・ボーイズの共演盤のタイトル、それにはっぴいえんど。表紙はマック・デマルコとシャムキャッツのメンバーが持つHOSONO HOUSEディスクユニオンでのツー・ショット。日本の文化に興味を持つ海外ミュージシャン、今も沢山いるんですね。清水くんに紹介してもらったDaniel Kwonくん(私の3枚のアルバムのアートワークも手掛けてくれた!)もそうだけれど、どこでどうやってコレを知ったんだろう、と興味が湧いてしまう。三島・谷崎なんていうラインもまだありつつ、コンピューター・ゲームやYMOPerfumeにアニメ、みたいなデジタル・シティなイメージ。はっぴいえんどで言えば情緒たっぷりな歌モノを残した大滝詠一はドメスティックに受容され、身体性を廃したテクノに没入した細野晴臣だからワールド・ワイドな支持を得たのかな、とか色々考えつつ。そんなわけで、「洋楽の中の日本「ジャポネスク・ディスク・ガイド」」も面白く読んだし、くるりとアヴァ・ルナ、森は生きているとジェームス・ブラックショウの往復書簡も興味深かった。そうそう、カセット・テープというフォーマットでのリリースを続けるバーガー・レコーズの特集も面白かった!



日本の欧米文化受容を思うと、明治以来いまだに不十分だと思えるのが翻訳の壁、そして例えば目の前の「音楽」だけではなく映画、雑誌、テレビ、ゴシップ…それらを含む文化の総体を理解し、伝えることだ。植草甚一はそのまま翻訳することでそれらをつかもうとしたし、小林克也は自身の巧みな語りでそれら伝えようと今も奮闘している。では清水祐也くんは?というと、彼は書くことでそれをやろうとしているのではないかと思えるのだ。今後もMonchcon!(モンチコン)の、清水祐也くんの、新しい記事を楽しみにしつつ…