いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Natural Records / GAKU-MC / ヨースケ@HOME

markrock2013-05-18

/ 宮 武弘(Natural Records)presents 「SOUL NATURE」(青山 月見ル君想フ 2013.5.17)



昨日、Natural Recordsの宮 武弘 presentsで行われたライブ・イベント「SOUL NATURE」(於:青山 月見ル君想フ)。多幸感に包まれたライブだった!音楽とは音を楽しむだけにあらず、音楽を通じてアーティストの思想や生き方、というと堅苦しいけれど、人生の楽しみ方と言った方がいいかな、そんなものを共有する場なのかもしれないな、と思ったり。

OPG(笑)のヨースケ@HOMEは初めてちゃんと観たけれど、とても良かった。軽妙な掛け合いを通じて会場を温めていく。色んなアーティストから愛されている理由というものが一発でわかってしまった。ジャック・ジョンソンみたいな、日本にいそうでいない肩の力の抜けたアコーティック・サウンドを聴かせてくれる。ギターもとても上手くって軽やか。ボイパとか、器用なミュージシャンとしての一面も垣間見られた素晴らしいステージ。


そして我々世代には「Da.Yo.Ne」だよね、としか言いようのないインパクトがあるEAST END(+YURI)出身、ヒップ・ホップ界のリヴィング・レジェンドことGAKU-MCは流石のステージングだった。前向きなメッセージといい、歌詞にもおざなりの自分自身をグッと掴んでくるものがあって。実はソロ・ステージは友人の結婚パーティで観たのが最初だったけれど、このアコギ一本のヒューマンなステージの素晴らしさは早くも誰かに知らせたい。頭の中では"ALL YOU NEED IS RAP"(ニュー・アルバムのタイトル曲)がヘビーローテーションされている状況。

http://youtube.com/watch?v=mTlUyI04qk4


さてさて、主役のナチュレコのライブとしては久々に足を運んだのだけれど。今までで一番良かったライブかもしれない。この点に関しては毎回裏切られることなくベストを更新してくれるんだから、全くもって凄いバンドだと思ってしまう。演奏のキレや宮 武弘のボーカルの張りにしても、レコーディング中にあってこその緊張感と演奏の練りが感じられた。何しろ既に知っていた"しゅわしゅわ"や"Life is Travel."が全く別物に聴こえたんだから!


新曲("POP & DEEP"、"聞こえているのに"あたりかな?)も大充実だったし、新しいアルバムが本当に楽しみになってきてしまう。そして、このイベントに招いた二人のゲストを想定して書かれたという共演曲"SOUL NATURE"が何とも共演者への愛やトリビュートが溢れていて、良かったんです。この3人の共演をこれからもずっと、見聴きしたいと思いませんか、ファンの皆さん??

http://youtube.com/watch?v=reFNSQcgbWk


Natural Records 公式HP
http://naturalrecords.net/

Discography
http://naturalrecords.net/discography/

ブログレビューまとめ
http://d.hatena.ne.jp/markrock/searchdiary?word=natural%20records