いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

宮 武弘 / アウトドアとビール

*[日本のフォーク・ロック] 宮 武弘 / アウトドアとビール(LIFE CARAVAN MUSIC / 2021)

f:id:markrock:20220327170629j:plain

このタイトルですよ、『アウトドアとビール』。コロナが明けたら本格的に「アウトドアとビール」、ここから始めるのがいいんじゃないかな、と…去る3月12日は、渋谷のセルリアンタワーにある素敵なライブスポットJZ Bratにて、アウトドア、サッカー、クラフトビールを愛するウクレレシンガー宮 武弘(miya takehiro)が昨年11月にリリースしたNew Album『アウトドアとビール』のリリースパーティー!へ。久々に聴く生演奏、素晴らしかったし元気をもらえた。感染対策もバッチリ、朝の混雑列車の100倍安全でした。

f:id:markrock:20220312203903j:plain

宮 武弘(vo,ukulele,p)、脇山広介(ds)[ウカスカジー]、齋藤純一(g)、加藤雄一郎(sax)、MAKOTO[JABBERLOOP](tp)、やまはき玲(cho)、森田晃平(b)という豪華フルメンバーで繰り広げられるキャリアを総括するようなステージは、なんと2ステージで21曲!!普段ならビール片手にお客さん同士でカンパーイなんてシーンがあるけれど、コレばかりはコロナ明けまでお預け。開演前の客席には「待ってました」というライブ・ミュージックへの渇望が渦巻いていたけれど、それに十二分応えてくれたステージだったと思う。バンドNatural Records時代にピアノを弾いていた、宮 武弘というミュージシャンの音楽に含まれる哀しみ成分が、ウクレレをメイン楽器にしたソロのある時期から、ハッピー成分へと変わり、新たなファンを獲得していった…そんな20年来の劇的な音楽キャリアも、新旧入り混じったセットリストを通じて振り返ることができた。

 

youtu.be

f:id:markrock:20220327170703j:plain

発売後から聴いてきたゴキゲンなニューアルバム『アウトドアとビール』。軽快なウクレレから繰り出されるポップでナチュラルな心地よい音楽に包まれる。タイトルに偽りなし、でありまして、クルマに荷物を積んでいよいよキャンプに出発したくなる”キャンプドライブ”(FMヨコハマThe Burnで聴いたウクレレ弾き語りもよかった!)や”バンザイWEEKEND”、そして、よなよなエール「超宴」に出演する彼ならではの「よなよな賛歌」”ヤッホー!ビール”、そして、まずは飲まなきゃ始まらないってなビール愛が注がれる”ビールのおかげ”(飲んでるかどうかを確かめる「アルコールチェック」もあり(笑))などなど、腰が浮いて太陽を浴びたくなる全8曲。個人的にはLITTLE CREATURES鈴木正人が1曲だけプロデュースを手がけた”森と歌う”が新境地だな、と。野外フェスだと3連のビートと呼応して蝉の音量が最大になるのだそう、スゴイ!

youtu.be

仕事だけじゃなく、子育てしながら、飲んだり歌ったり、楽しいことをみんなでやりたい…物騒なことより、音楽がもたらす平和の方が好き…自分で育てた野菜をそのままかじることの幸せとか、それはうわべじゃなく、本当の意味での持続可能な世界をつくることになる…そんな前向きで新たな価値を、音楽を通じて表現しているように思える前作『アウトドア日和』と今作『アウトドアとビール』。次作でぜひとも、アウトドア三部作を完成させてほしいと思っております(笑)

 

HP: http://miyatakehiro.com/

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

ミュージシャン”宮 武弘”とリフティングパフォーマー”インディ鈴木”が中心となり「サッカーと音楽で遊ぼう!」開催!

会場は、2021年に新しくできた吉川美南のSOLumコミュニティフィールド!

スポーツを通じた身体の健康と、音楽を通じた心の健康を!

子供だけでなく、親子で楽しく遊びながら体感しよう!大人のみの参加もOK!

【日時】4月10日(日)13:00 - 17:00

【会場】SOLumコミュニティフィールド(イオンタウン吉川美南 東街区3F)https://www.solum-sports.co.jp/

【題名&内容】「サッカーと音楽で遊ぼう!」

◆ライブ!

◆リフティング教室

ウクレレ教室

◆アイスブレイクゲーム

◆フットサル

◆飲食店の出店

【料金】大人 3000円 / 子供 2000円

(リフティング教室、ウクレレ教室のみの参加は、どなたでも1500円。付き添い無料。)

団体割引:お子さんが5人以上で参加の場合は、子供一人1500円でOK。

少年団、クラブチーム、お友達同士でお申し込みください。

【申込】https://forms.gle/LPf6N6osuWsGJZwd7

【詳細&問合】http://miyatakehiro.com/contact/

--------------------------------------------------------------------------------------------------

【発表!4/30「ビールのおかげ vol.3」with BLACK TIDE BREWING !】

クラフトビールを愛するウクレレシンガー宮 武弘の楽曲「ビールのおかげ」。ジャケットをイラストレーターのイソガイヒトヒサが担当。そこから始まった新プロジェクト「”ビールのおかげ”」第3回は、宮城気仙沼の大人気ブルワリー「BLACK TIDE BREWING(以下 BTB)」が登場です!!!

会場は前回に続いて、東京練馬の関町セラー!

宮、イソガイ、そして、BTBから丹治による、トーク&ライブ&BTBタップテイクオーバー!

お見逃し&飲み逃しなく!!!

4月30日(土)

「ビールのおかげ vol.3」

会場:関町セラー(東京都練馬区関町東1-1-8)

時間:(1)13:00 - 14:30、(2)16:00 - 17:30 (イベントは90分。完全入れ替え制)

イベント参加費:¥2000(tax in)※飲食代別

定員:各回 20名(通常定員の50%以下)

予約:お名前、ご希望の時間(13時 / 16時)、人数を添えて、下記よりご予約ください。お支払いは当日受付にてお願い致します。

http://miyatakehiro.com/contact/