いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Stephen Bishop / be here then ( General Records / 2014 )

markrock2014-07-12



ひっそりとリリースされていたスティーヴン・ビショップの新作『be here then』。もう62歳なんですね。バーコード付きでアマゾンでも流通しているけれど、ほぼ自主リリースの体裁。CD Babyなんかで売ることを前提としたような盤かな。ダウンロードが主流な世界の情勢だけれど、往年のミュージシャンの新作だから、フィジカルなブツで届くとホッとするような所がある。


デビュー前後はシンガー・ソングライターのジェイムス・リー・スタンリーのアルバムにも参加していた。そもそも今年ソロ来日が決まったアート・ガーファンクルのセカンド・アルバム『Breakaway』に2曲が採用されたことからキャリアが大きく広がった人。ミュージシャンズ・ミュージシャンのような所もある。歌詞も佇まいも実に都会的で、フィル・コリンズエリック・クラプトンとの交友も70〜80年代は知られたところで(クラプトンの”Holy Mother”やフィル・コリンズ&マリリン・マーテョンの”Separate Lives”のソングライティング)、そういったVIP交友録も似合う雰囲気を持った人。二十歳くらいの頃ファンレターを送ったことがあったけれど、実に丁寧にナイーブなタッチの返信をくれたことを覚えている。



新作のプロデュースだが、冒頭の”Pretty Baby”(ティア・シリアーズとの共作)、”Make It Last”(ブランドン・バーンズとの共作)、弾き語りアルバム『Yardwork』(2003)既出の ”Rescue You”、”Promise Me The World”LAの4曲は40代半ばのセッション・ドラマー / プロデューサーのロビン・ディマッジョが手掛ける。90年代はスティーブ・ヴァイのアルバムなんかに参加していたが、2000年代にはいるとボズ・スキャッグス『Dig』ポール・サイモン『Surprise』に参加し、2013年には”Hotel California”の作曲で知られるイーグルスのギタリスト、ドン・フェルダー『Road To Forever』http://www.clinck.co.jp/merurido/_friends/00023/msg_dtl.php?ky=00023-1374939789)のプロデュースを手掛けるなど、往年のロック・ミュージシャンから評価と信頼を高めている。さらに4曲はヴィヴェク・マダラが、エイティーズ風味のポップ・レゲエ”Fooled By Love”はピーター・バネッタが、”Sparkle U Shine”(マークとの共作)はマーク・ゴールデンバーグが仕上げている。つまり、ここ10年くらいの間に書きため、いろんなセッションで録っていた曲を合わせ技で仕上げたって感じなのかな。曲ごとのクレジットはないけれど、TOTOデヴィッド・ペイチ(2013年のポーランドのツアーライブDVDでは見事に復活していた!)、リー・スクラーレスリー・スミスといったミュージシャンも参加している。“Make It Last”などは5年くらい前に本人がMySpaceでやたら曲をアップしていた時期があったけれど、そこでも発表されていた曲。でも、今回アレンジは違ったので再録したのだろう。ファンからの反応を探るためだったのだと思うけれど、未発表の新曲が他にもあったような?いや、『FEAR OF MESSAGE demo3』に入っていたかも。



音としては初期2枚だけでなく、『Bowling In Paris』『Blue Guitars』も好き、というファンには受け入れられるんじゃないかな。ピアノでしっとりと歌われる”Loveless”は初期の繊細な感性もいまだ息づいていたり。



あ、ちなみにファースト『Careless』至上主義者の方には自主リリースの『THE DEMO ALBUM2』収録の”Really Wanting You”をオススメしたい。私は聴いたとき音楽の一期一会のマジックを感じました。1974年録音。明らかにアウトテイクですが、弾き語りで作り上げられる最高峰の世界だと思っている。

                                                                                                                                                                                                                          • いよいよ発売日が迫ってまいりました!先日はFMおだわら 宮 武弘 の『Relax & Music』で「無(ゼロ)の季節」を流していただきました!

いしうらまさゆき
『語りえぬものについては咆哮しなければならない』
2014年7月20日発売                     
MASH RECORDS MASH-002
Distributed by VIVID SOUND
定価2160円(tax.incl)

芽瑠璃堂限定特典CD-Rの詳細が決定しました。
【芽瑠璃堂特典】
6曲入CD-R
アルバム未収録の新曲と2ndのリミックスを収めた全6曲の特典盤!!

1. 深い河を見つめて
2. あぁ晴れたなぁ
3. 夢の手帖
4. 迷子
5. 言葉(remix)
6. Like A Bluebird(remix)

http://www.clinck.co.jp/merurido/dtl.php?ky=MASH002