いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Nora (ノラ) 石田斎さんインタビュー!!

markrock2014-07-20



ウェルカム・バック、Nora(ノラ)!!矢沢永吉とのコラボレーションや”六本木心中””モニカ”をはじめとしたロック歌謡のソングライティング・チームNOBODYの一員として知られる相沢行夫が在籍した伝説のバンドだ。


3月にレビューを取り上げさせて頂いた(http://www.clinck.co.jp/merurido/_friends/00023/msg_dtl.php?ky=00023-1394295014)この70年代屈指のビートルズ直系バンドの唯一作。ナント解散40周年の今年、ウルトラ・ヴァイヴよりめでたくCD化された!しかも、1973年のオリジナル・アルバム『NORA VOL.Ⅰ』全12曲に加え、1973年のシングルからアルバム未収録の”忘れかけた愛の言葉”、1974年のアルバム未収録シングル”レンガ路 / 夢が始まる時”の2曲を含む15曲のコンプリート・エディションとでも言うべき仕様。同時代のキャロルやチューリップ、バッドボーイズにもない何かがそこにはある。私も早速買って参りました!


アルバムの素晴らしさは言うに及ばず、個人的にはまだ持っていなかったシングル”忘れかけた愛の言葉”(杉浦芳博・詩曲)を初めて聴けたことに感動!こちらはラズベリーズを思わせる甘酸っぱいパワーポップだった。


…ということで興奮冷めやらぬまま、今回、幸運にも再発のいきさつや当時の状況についてメンバーの石田斎さん(ドラムス、リズムギター)からノラ・メンバーを代表してお話を伺うことができた。

Nora(ノラ)
石田斎(ドラムス、リズムギター
相沢行夫(エレキギターアコースティック・ギター、ヴォーカル)
杉浦芳博(ヴォーカル、アコースティック・ギター
松田良一(エレキベース、ヴォーカル)

Q1. CD化に至った経緯をお聞かせ下さい。



日本のロックンロールの熱心且つコアなファンの方がおりまして、そちらの方々がノラ音源のCD化を計画してくれました。特にディストリビュートを引き受けてくれたウルトラ・ヴァイブの前田さんには、大変感謝しているところです。



Q2. バンド結成の経緯をお聞かせ下さい。また、ノラ周辺の音楽シーンの状況も合わせてお聞かせ下さい。



ノラのメンバーは全員神奈川大学出身です。相沢、松田、石田は、大学でバンド活動をしていて軽音楽クラブという部室で良く顔を合わせていました。大学当時松田はロックからソウルまで歌がとてもうまく、相沢はスピード感のあるギターを弾いていて目立っていました。杉浦は、一人でライブハウス等に出演したりしていて、「ニール・ヤングそっくりな声の上手いボーカル」という評判でした。石田はNACKというバンドを結成していて横浜のダンスクラブなどに出演していました。



ひょんなことからこの4人がTBSラジオヤングタウン東京」という番組のレギュラーバンド「ヤングタウンシンガーズ」(注1)のメンバーとなり、その後、ノラとして独立します。



ノラがデビューするころの日本の音楽シーンは、それまで市場を占有していた大手プロダクション所属の歌謡歌手、演歌歌手、バンドなどに加えて、独立系のフォークやフォークロック・アーティスト(吉田拓郎泉谷しげる等)が台頭してきていました。当時は独立系のエレック・レコードというレコード会社が大成功を収めていたりしました。それから少しして、ロックへ重心を置く独立系バンドとしてキャロル、チューリップ、ノラなどのバンドが出てきたと記憶しています。



(筆者注1) TBSラジオヤングタウン東京』専属のレギュラーバンド。男女10人で結成され、相沢、杉浦の他、相沢夫人となる作詞家の竜真知子や浅川マキのバッキングで知られるギタリスト萩原信義が在籍していた。筒美京平作曲のシングル”風船旅行”は『喫茶ロック〜エキスポ アンド ソフトロック編』にも収録されていた。

Q3. ノラの音楽嗜好、影響を受けたミュージシャンは?



ノラの4人のメンバーは皆、ビートルズインスパイヤーされており、ノリのいいロック調の楽曲やメロディーラインのきれいな楽曲作りを目指していました。当時ノラが演奏していたビートルズ楽曲は、ドライブマイカー、カンサスシティ、ベイビーズインブラックなどがあります。



その他メンバーが好きだったアーティストは、クロスビー・スティルス・ナッシュ・アンド・ヤングなどです。ヤングタウンシンガーズ当時、ウッドストックやキャリーオンなどをカバーしていました。



Q4. バンド活動時の印象に残っているエピソードをお聞かせ下さい。



ノラのファーストアルバムをレコーディングしているときに、グラムロックTレックスの前座バンドを募集していて、日本の著名なバンド幾つかが応募したようです。その中から、まだレコードデビューしていないノラのデモを聞いたマーク・ボランが、「このバンドがいい」とセレクトしてくれたそうです。



ノラとしては小さなライブハウスに一度出た程度の経験しかない中、いきなり武道館ライブということで、興奮したのを覚えています。本番当日はすごく緊張しましたが、開き直るしかないと思ってステージに立った結果、演奏中はものすごく気持ちが良かったことを鮮明に覚えています。



Q5. ノラはビートルズとは切っても切り離せないバンドだと思いますが、ノラにとってビートルズとは?



ビートルズというバンドの特徴の一つに、「ポップロックアイドルからアーティストへ変身していく様のすごさ」が挙げられると思います。もちろんデビュー当時から変身への潜在性はあったと思われますが、アルバム発売ごとに音楽性、ファッション、思想、ライフスタイルを変革し続けられた彼らの才能は特出ものだと思います。



その時代をリアルタイムで生きてきた人たちはノラに限らず、言葉では言い表せないほど色々な面でインパクトがあったのだと思います。



Q6. 今振り返ってみて、「Nora」とは?



ノラ解散後、相沢はNOBODYでアーティストと作家として活躍し(注2)、松田も沢山の楽曲を他のアーティストへ提供しています(注3)。杉浦も最近また音楽創作活動を再開しているようです(注4)。石田も音楽活動に興味はあり、どの領域で何をするかを検討中の様子です(注5)。そういう意味では、バンド・ノラのメンバーは今も昔も互いにリスペクトし合えるとても面白い仲間だとおもいます。



(筆者注2) NOBODY(相沢行夫、木原敏雄)名義で1982年から1994年までに13枚のスタジオアルバムをリリースしている。1985年のミニアルバムでは吉川晃司提供曲のセルフカバー(MONICA(モニカ)、SWEET BABY SLEEP(サヨナラは八月のララバイ))が収録されている。


(筆者注3) 松田良名義で高橋真梨子”遥かな人へ””そっと…Lovin'you”、アン・ルイス”美人薄命”の他にも中村雅俊郷ひろみ稲垣潤一柏原芳恵中森明菜岩崎宏美ピンク・レディー石川ひとみ…と幅広い楽曲提供を行っている。


(筆者注4) 1976年にはポリドールよりルパンで有名な大野雄二編曲のソロアルバム『杉浦よしひろⅠ 街』をリリース。他にもとんぼちゃんや絵夢への楽曲提供、すぎうらよしひろ名義でマッハバロン主題歌などのアニソン録音も残している。


(筆者注5) ノラ結成前のバンド、ビロージュのシングルには石田斎詩曲の楽曲”お前の目を見るだけで”があった。



Q7.解散後のノラ・メンバーとの交流は?



これまでも1年に1度くらい、ノラの事務所社長だった桂田さんを交えて飲み会を開いていました。復刻盤CDがでることになった今年は、これまで以上にいろいろな交流をしています。



Q8. 現代の音楽シーンや、音楽を目指す若いミュージシャンに何か一言あればお聞かせ下さい。



音楽とは人が肌で感じるものだと思っています。基本的に言葉の壁も人種の壁もありません。ですので、若い世代には是非世界のアーティストを目指して頑張って欲しいですね。


(以上インタビュー)



いかがでしたでしょうか? T・レックスのマーク・ボランのチョイスで武道館の足を踏んだエピソードなんて、本当に夢みたいなお話!心が躍ります。また、当時ノラで演奏していたビートルズ楽曲のセレクトも、ノラのサウンドを紐解く手がかりになる興味深いものでした。石田さん、貴重なお話をありがとうございました!!



今後は松田良一さんのライブでノラ・メンバーとのコラボレーションも予定されているとのことで、是非足を運んでみたいものです。そしていつの日か、『Nora Vol.2』が出る日を心待ちにしつつ…



NORA WEBサイト:http://www.setten.co.jp/nora/index.html
NORAフェイスブックhttps://www.facebook.com/profile.php?id=100007635077175
NORAツイッターhttps://twitter.com/NORAmember
NORAブログ: http://ameblo.jp/nora-member/