いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Haruomi Hosono (細野晴臣)

markrock2013-05-23

/ Heavenly Music(Victor / 2013 )


町山智浩さんの新刊『本当はこんな歌』を読んでいて。フィル・コリンズの”In The Air Tonight”が寝取られた妻への恨み節ソングだったなんて…滅法面白い本!この曲をフェスのオープニングでやたらと歌っていたフィルは相当根に持つタイプだったのかな…なーんて、冗談はさておき。


読んでいると、日本文化などというものは外来文化の受容の歴史であり、あくまで「翻訳」とその「勘違い」から成り立っていたことをつくづく思ってしまった。そういう意味で言うと、それは細野晴臣というミュージシャンの歩みにも当てはまるように思える。ただ、戦後のポピュラー・ミュージックにリアルタイムで触れてきたミュージシャンなだけに「翻訳」はお手の物だったにしても、「勘違い」にも自覚的だった点は特筆に値するだろう。西洋のオリエンタリズムという「勘違い」を、日本人としてあえて演じるという倒錯。これは音楽を知らなければ出来ないことだし、知るミュージシャンも少なくなってきてしまった。


そんなことを思ってかどうかわからないが、細野晴臣の新作カバー・アルバム『Heavenly Music』にも本人による長文の楽曲解説が付いていて。これもある種の、音・ジャケット・歌詞・解説からイマジネーションを膨らませるという旧来のレコード文化へのデディケーションだと勝手に受け取っている。


聴いていると、耳に心地よいホソノさんの低音が遠ざかったり、近づいたり。あえてそのままにしているのか、それとも自分の心が音楽に近づいたり、遠ざかったりしているからなのか。過去と未来を行ったり来たりしつつ、音のランドスケープに身を任せる40分間。


ザ・バンドものが2曲あるのだが(1曲は後期バンドが演じたディランもの)“All La Glory”と”When I Paint My Masterpiece”はホソノ自身による日本語詩を付けていて。それがHosono Houseの世界観になるのは一つの発見だった。


思えば2005年の狭山ハイドパーク・フェスがあり(あの時の感動はいまも新しい…)、そこから原点回帰の流れが生まれ、必然的にボーカルを取る曲が増えていった。そして2007年の前々作『Flying Saucer 1947』(Harry Hosono & The World Shyness名義)、震災後のリリースとなった前作『HoSoNoVa』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20110604)という老いて尚盛ん!な傑作を生み出すに至っている。本作に至るまで、”デイジーワールドの集い”をはじめ何度かライブを観ているけれども、その才気と旺盛な創作意欲を思うと、今度はオリジナルで、とついつい期待してしまう。

http://youtube.com/watch?v=qeHTFlkBBcM

01. Close to You (作詞:Hal David 作曲: Burt Bacharach
02. Something Stupid  (作詞・作曲:C. Carson Parks)
03. Tip Toe Thru The Tulips with Me (作詞:Al Dubin 作曲:Joseph Burke 訳詞:細野晴臣
04. My Bank Account Is Gone (作詞・作曲:Jesse Ashlock)
05. Cow Cow Boogie  (作詞・作曲:Benny Carter, Gene Paul, Don Raye)
06. All La Glory (作詞・作曲:Jaime Robbie Robertson 訳詞:細野晴臣) 
07. The Song Is Ended (作詞・作曲:Irving Berlin 訳詞:細野晴臣) 
08. When I Paint My Masterpiece (作詞・作曲: Bob Dylan 訳詞:細野晴臣
09. The House of Blue Lights (作詞・作曲:Don Raye, Freddie Slack)
10. ラムはお好き? part 2  (作詞:吉田美奈子 補作詞・作曲:細野晴臣) 
11. I Love How You Love Me(作詞・作曲:Barry Mann, Larry Kolber)
12. Radio Activity (作詞:Ralf Hutter, Florian Schneider, Emil Schult 作曲:Ralf Hutter, Florian Schneider)

レコーディングメンバー:高田漣 / 伊賀航 / 伊藤大地(SAKEROCK) / コシミハル
ゲストミュージシャン:
坂本龍一(Key / Radio Activity)
岸田繁(Cho / When I Paint My Masterpiece)
Salyu(Cho / I Love How You Love Me)
アン・サリー(Cho / Something Stupid)
吉田美奈子(Cho / ラムはお好き? Part 2)

All Tracks Arranged & Produced by Haruomi Hosono