いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Blind Willie McTell

markrock2013-02-24

/ Atlanta Twelve String ( Atlantic /1972 )


昨日書いたアトランティックの再発R&B盤1000円のシリーズ、これも買っていたのを忘れていた。こいつも凄く良くて。ボブ・ディランをも魅了し名曲”Blind Willie McTell”を書き下ろさしめた伝説のブルーズメン、ブラインド・ウィリー・マクテルの1972年盤。Blues OriginalsというシリーズのVol.1。


ってか、そんな時代まで生きてたんですか驚くと、録音は1949年らしく、その時はシングルしかリリースされなかったセッションの全貌がこれらしい。ライナーによると1898年(or 1901年)生まれとのことだから、熟年のレコーディングということになる(1959年に亡くなっている)。1930年代のブルーズマンが、1950〜60年代のフォーク・ブームの際に再発見されて新譜をリリースして、なんていうハナシはフォーク・ファンにはおなじみだろう。そんなタイプの盤。しかし1949年にしては驚くほどクリアな音で、聴いてみると魅力が深まる。晩年に再び陽が当たったミシシッピジョン・ハートなんかに似た達者な3フィンガーの曲もあったのは収穫だった。よく、こういう再発見盤は全盛期に劣る、とか言ってる人も多いけれど、12弦ギターの指捌きも鮮やかでまた別の良さがあるじゃないですか。ボブ・ディランが今70歳を迎えて、だみ声でいまだにレコーディングし続けているのも、こんなブルーズメンの境地なのだろう。


最近ブルーズにまた興味が湧いてきている。ドのつくブルーズばかりを聴いてきたリスナーでは正直ないけれど、演奏すればするほどシンプル故の魅力にハマってしまう音楽だ。そんなレコードも作ってみたいなあ、なんて思ってもいる。


最近、渋谷陽一『ロック・ミュージック進化論』の古本を頂き、読んでいて。1960年代というビートルズ世代のリスナーのロック史といった感じ。特に最後、1990年頃に付け加えられた補足インタビューが結構面白くて。ストーンズ押しの山川健一氏と渋谷氏の対談。渋谷氏はパンク以降、ロックの停滞・死が叫ばれようと、新しいものを生みだすロックの未来に賭けようとしている。一方山川氏は、シンプルなブルーズのフォーマットの中でいつどこを聴いても面白くノレるストーンズの面白さをとうとうと語る。なんか今2010年代から見ると、どっちがロックの未来を見据えられていたのかってハナシ。渋谷系登場以前の文脈。10年前だったら渋谷氏に同意していたかもしれないけれど、今だったらどうも山川氏に同意してしまう自分がいる。決して後ろ向きの意味ではなくて。