いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

ジョニー大倉

markrock2013-01-19

/ I Remember Carol by Johnny ( Vivid / 2013 )


昨日1月19日発売のミュージック・マガジンブランキー・ジェット・シティ特集号)にいしうらまさゆき2ndアルバム『愛すべき音楽よ』レビューを掲載していただきました。昨年ファーストも取り上げていただいた、行川和彦さんの『りあるインディ盤紹介』コーナー。今回はジャケット写真入りです。「17曲すべてが古き良き歌ものポピュラー・ミュージックに対するラヴ・ソングに聞こえる」とは、まさに意図するところだったのでありました!ありがとうございます!!

さて、このミュージック・マガジン誌を読んで、今年初めて買った新譜はジョニー大倉『I Remember Carol by Johnny』!キャロル時代のセルフカバーであったせいか、「淋しい気持ちになる」とさんざんな評価だったわけですが、ジョニーさん押しのワタシとしては嬉々として購入。確かにキャロルのデビュー40周年とはいえ、現役感満載のヤザワと比べて後ろ向きな企画と言われてしまえばそれまでだけど、こんなシンプルなロックンロールを伝統芸のように披露できるのはジョニー大倉しかいないでしょう。サリー久保田氏によるキャロル・ファンを食いつかせるアート・ワークも素晴らしい出来だし。


やっぱりビートルズで言えば、ジョン・レノンさびしんぼうなヴォーカルが好きなファンには矢沢永吉よりジョニーでしょう、と思ってしまう。シンプルなバッキングは否が応でもビートルズのファーストを思い起こしてしまう。そもそもキャロルの原点はそれを日本語で演ることだったわけだし。オリジナルよりアップになった”ヘイ・タクシー”が最強!他にもあの解散したJ-POPグループの名前にもなった”ファンキー・モンキー・ベイビー”、定番”ルイジアンナ”から”番格ロックのテーマ”まで満足の22曲+2011年のライブ1曲!当分この盤聴きます。


コレを聴きつつ今年は、あと残すところ2枚、となったまだ見ぬジョニー作品を手に入れようと思う。やはりこのキャロル総括盤をただ「淋しい」と捨て置くのは荒波を駆け抜けてきたミュージシャンの想いを踏みにじると思ったり(http://www.johnnyohkura.com/special.html)。まあそう言いたくなるのもわからんでもないのですがね…ま、私はジョニーさんを応援しています!


↓以前ジョニー大倉について取り上げた記事
http://d.hatena.ne.jp/markrock/searchdiary?word=%A5%B8%A5%E7%A5%CB%A1%BC%C2%E7%C1%D2
ジョニー大倉公式HP
http://www.johnnyohkura.com/