いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Dr.John

markrock2012-05-06

/ Locked Down ( nonesuch / 2012 )



ゴールデンウィークも終わりゆく。今年は土日に吸収されてなんだか休んだような休んでないような。フラッシュ・ディスク・ランチ詣でも忘れることなく。ポイントをためて手に入れた半額券を片手にシングル盤にLP数枚足して52枚鬼買いしてしまう。いやこんなに興奮したのはレコード道10年で初めてかも。最近45回転シングル盤が熱い。世間的にもそうみたいで、これはYouTube時代の明らか反動でしょう。一枚3分のシングルに、聴く方も、作る方も(こっちはそうでもない場合があるが)、命をかけていた時代へのオマージュ行為のようなもの。


でも今を生きる音楽も捨てたもんじゃないな、って思ったのが昨日行った高校生バンド、acaci (アカシ)のライブ。今年のYAMAHAのコンテスト「Music Revolution」で東日本準優勝を勝ち取ったこのバンド、ロックの未来を見ました。実はギタリストの岡崎君は教え子でありまして…本当に中学生の頃からロック&ギター好きな少年で…音楽が好きなだけで年の差なんてなくなってしまう。本当に心から音楽を愛し、演奏している姿にグッと来てしまった!終演後、スティーヴィー・レイ・ヴォーンにハマってるなんて話をしていて。こんな高校生日本中探してもどこにもいませんよ!ロックの未来は彼らに託しました!!リリースされたばかりのCDを買えなかったのが残念だったけれど、ぜひYouTubeなどでチェックしてみて欲しい。独特の世界観を持ったバンドだ。


さて、ノンサッチの移籍してリリースされたドクター・ジョン71才の新作。今月9日にリリースされる日本盤のサンプルを入手できたので。悪くないボーナストラックが2曲追加されているので、聴いてみる価値はあるだろう。


プロデュースはザ・ブラック・キーズのダン・オーバックということで、若い血の注入が新鮮なロック・サウンドを作り出している。『Gumbo』ばかりを聴き過ぎた私などはニューオーリンズサウンド直球の金太郎飴かとタカをくくっていた部分もあるのだが、びっくり仰天。バックが変わるとこんなに違うのかという。ヴードゥー・ロックとでも言うべきおどろおどろしさが出てる曲なんかもあり、大音量で聴きたい感じ。ついついヴォリュームを上げてしまう。