いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 山下達郎 

markrock2011-08-09

/ Ray Of Hope(レイ・オブ・ホープ)( MOON / 2011 )

当たり前のように注文してしまった新譜。初回版はJOY1.5という、名作ライブ盤の続編の番外編?というような7曲入りライブ・ディスクも付いていた。コレが滅法良い。昔ちっこいシングルCDを買って集めたヒトも多いであろうカップリング収録曲(”砂の女”、”こぬか雨”、”二人の夏”なんかのカバー)と1985年のライブ音源が入っている。


本編は1曲目から何とも金太郎飴的な達郎サウンドが続いている。”MY MORNING PRAYER”ってのも”RIDE ON TIME”かと思ったよ。確かタイアップだったから、そんな注文があったのかも。ここまでのベテランともなると、方法論もそうそう変わらないのかな。同じ機材で往時と同じ音を出せるのが凄い、というレベルの楽曲もある。それなりに追いかけていたヒトではあるけれど、なぜだろう。今回は先行シングルを買ったりしなかった。有線なんかで聴いた事はあるかもしれないけれど、そこまで印象的でもなくて。特に保守的で歌謡性の高いバラード群は楽曲的にはワンパターンかな。最近の竹内まりや作品もそうだけど、なんか聴いた事あるような曲ばかりで。ある種双生児的でもある大滝詠一も相当にポップスの王道を進んで石を打っていくタイプだったけれど、今聴くと相当遊びや予定調和を壊すようなロックな音作りをしている。新旧似た楽曲にもそれなりに進化が見られたし。そこが刺激的でもあった。大滝は作品製作をやめてしまったけれど、山下との違いはそこにあるかなと思える。


あと、80年代から聴かれるコンピューター・プログラミングだけど。これが近年の彼の音作りの特徴にもなっているんだが、コレ、良いかな?もちろん、聴き尽くしてきた音だし、個人的にも愛着はあるんだけれど、今の時代だから、生バンドっぽい音で聴きたいよね。それが本当の意味で出来る人が少ないんだから。だから、意外だったフュージョンっぽいブルーズ・セッション”俺の空”は、歌詞のチープさに反して、伊藤広規難波弘之という古くからの相方と共に、生の迫力があり満足のいく音だった。まあ、好みも多分にあるだろうけれど!


とはいえ、音楽界の“最良の”良心ですよ。”僕らの夏の夢”ってバラードは沁みた。甘酸っぱいシャッフルに載せた”HAPPY GATHERING DAY”も好みかな。ラストのカバー”バラ色の人生〜ラヴィアンローズ”(オンスト乗りのアカペラで最高!)以外は作詩・作曲・山下達郎というシンガーソングライター作品になっている。