いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

 Paul Simon

markrock2010-12-12

/ Getting Ready For Christmas Day ( Official Site / 2010 )


毎年この時期になると、ホリデイ・シーズンと言うこともあり、キリスト教圏では賑やかな雰囲気。アーティストのホームページも、それらしい装いになっていて面白い。そんなわけでポール・サイモンのホームページを覗いてみたところ、クリスマスに合わせた新曲がアップされていた。


メーリングリストに加入したら無料でダウンロードできたこの曲、ポールらしいとしかいいようのない音でありまして。ざくざくとしたアクースティック・ギターが左右に揺れるこの浮遊感は、ヘッドホンで聴くと良く判る。2コードでぐいぐい押すようなブルーズ進行の楽曲に、黒人教会のプリーチャーのコール&レスポンスが挿入されているのが面白い。歌詞には”Santa Claus is coming to town”なんてあの曲のタイトルも織り込まれていて。


コレ、来春発売予定のニュー・アルバム『So Beautiful Or So What』の先行音源ってことなので、新作への期待は否が応でも高まるな。クリスマス・ソングをこのタイミングで小出しにしたのは正解かも。


http://www.paulsimon.com/