いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Engelbert Humperdinck

markrock2012-12-23

/ Christmas Tyme( Columbia / 1977 )


わたくしのアルバム『愛すべき音楽よ』ですが、サンレインレコーズさんでの取り扱いが開始されました。ゆーきゃんさんによる素敵なレビューも掲載していただきました。ありがとうございます!

『愛すべき音楽よ』サンレインレコーズ通販で購入 1000yen(1st『蒼い蜜柑』も在庫有ります)

ゆーきゃんさんのレビュー↓

「音楽ライターでもある東京のSSWによるセカンドアルバムが入荷!!

前作のエンジニアでもあった馬下義伸氏をプロデュースに迎えた本作は、ファーストの「中央線フォーク」路線からがらっと転換。テーマは「音楽愛」、ここで鳴らされている音は一言でいえば「王道」です。ウェルメイドな楽曲とサウンドプロデュースからは、豊富な知識と愛情(氏は毎日レコード屋に通われるそう!)がひしひしと伝わってきます。ビートルズCSN&Yビーチボーイズにはっぴぃえんどといったルーツを下敷きにした、とのことですが、SSW然とした佇まいは消えることなく、さわやかなメロディの中とリリシズムのなかに時折顔をのぞかせる批評精神が印象的。アートワークは今回も盟友・Daniel Kwonです。」


トップページから入ると、新入荷コーナー、懐かしい!"さよなら人類"入りの「たま」の再発盤『さんだる』の横にサムネイルがあります。


そういえば、ミュージック・マガジン今年の1月号にいしうらまさゆきの1st『蒼い蜜柑』のレビューを掲載して頂いたのだが、先日発売の1月号に載っていた一年間の記事一覧のリスト、見てみると いしうらまさゆきの下はアイウエオ順だから「石川さゆり」。音盤の上ではつくづく平等だと感じた。


さて、そのミュージック・マガジン1月号。いつもレコードのことばかり話している清水祐也くんが佐藤一道さんとのブログ「モンチコン」の記事をまとめた『モンチコンのインディー・ロック・グラフィティ』(DU BOOKS)が出版され、その書籍レビューも掲載されている。この本はお薦めしたい所!インディー・ロックにさほど触れていない私でも十分に楽しめた。グレン・キャンベルやジミー・ウェッブ、マイケル・マクドナルドフリートウッド・マック、パールズ・ビフォア・スワイン(トム・ラップがいたグループね)なんて名前が出てくるあたり、今と昔を繋ぐサムシングを知っている清水くんならではの筆致。ぼくが読んでいて思い出したのは植草甚一。どこから読んでも面白く、ファンジンの熱さがある。かつて欧米文化は輸入モノとして受容されてきた。「ベストヒットU.S.A.」的受容。これだけ情報が溢れている時代でも、”翻訳者”の手引きが必要なんだ、ということに気づく。時代は”翻訳者”を求めているんじゃなかろうか。

12月に買ったクリスマス・レコード数枚から1枚選んで。アメリカではホリデイ・アルバムなどと言われているけれども、大御所になればリリースさせてもらえる、という。なんだかんだ信心深い国であると共に、アメリカ音楽の根っこに共通するものがあるというわけ。ブルーズ風にも、ジャズ風にも、ソウル風にも、カントリー風にも、アレンジできるわけで。


私は正直クリスマス・ソングが結構好きだ。季節を問わず聴いていたりもするけれど、12月になると、レコ屋でも意図的か否か、この手のレコードが紛れているのでつい拾ってしまう。


エンゲルバルト・フンパーディンク『Christmas Tyme』は1977年のコロンビア盤。買った時は気付かなかったけれど、気持ちの良いアレンジだなと思って聴いていると、なんとチャーリー・カレロ!!ジョエル・ダイアモンドと共にプロデューサーにも名を連ねている。A面はスタンダードのうち、ラスト”Christmas Song”が抜群。結構面白いのがメドレー4連発のB面。ディスコ・ビートはないものの、スターズ・オンのノリで18曲!