いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 いしうらまさゆき / 語りえぬものについては咆哮しなければならない(MASH RECORDS [VIVID SOUND] / 2014 )

markrock2014-05-21




私いしうらまさゆきの3枚目のアルバム、手前味噌ながらリリース情報が発表できる運びとなりました! MASH RECORDSより2014年7月20日発売。VIVID SOUNDを通して全国流通いたします。タイトルは『語りえぬものについては咆哮しなければならない』。長いタイトルですみません。ウィトゲンシュタインから取ったタイトルは今の日本についての私の気持ちです。全14曲、前半のトピカルなフォークものに加え、ロックン・ロール、シュガー・ベイブやロジャニコ・オマージュなソフト・ロックまで、大好きな60〜70年代をこれでもかと詰め込んだアルバムです。大滝詠一さんが亡くなったことが、アルバム制作の直接のきっかけになったこともあり、その大瀧イズムを受け継ぐべく、ポップスの王道を歩いてみました。ラッパーEARVIN (EX.ウリフターズ)との異色共演も2曲収録。こちらも最高の仕上がりになりました!

YouTube全曲試聴↓


プロデュース・ミックス・アレンジは1st、2ndでも阿吽の呼吸で楽曲制作を進めてきた馬下義伸が担当。アートワークも引き続き個性派シンガー・ソングライターのダニエル・クオンが手がけ、アルバムでは”セリフ”でも参加してもらっています。

芽瑠璃堂さんでは購入特典として、6曲入りの限定ボーナス・ディスクも無料でお付けします。こちらには本編未収録4曲の新曲+前作『愛すべき音楽よ』からのリミックスを2曲収録しております。予約もすでに受付中ですので、是非試聴とともに、チェックしていただければ嬉しいです!!よろしくお願いいたします。

■購入方法

芽瑠璃堂
http://www.clinck.co.jp/merurido/dtl.php?ky=MASH002

【芽瑠璃堂特典】
6曲入CD-R
アルバム未収録の新曲と2ndのリミックスを収めた全6曲の特典盤!!

1. 深い河を見つめて
2. あぁ晴れたなぁ
3. 夢の手帖
4. 迷子
5. 言葉(remix)
6. Like A Bluebird(remix)


ディスクユニオン
新宿店、吉祥寺店などなど…実店舗にも在庫あります。通販も可能です。
http://diskunion.net/jp/ct/detail/1006309578

珍屋
国分寺、立川の全店舗で在庫あります。レビューも書いて頂いています!
http://blog.livedoor.jp/mezurashiya/archives/52043064.html

Amazon(通販)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00K7BCRIU/ref=cm_sw_r_tw_dp_tWfFtb0N4RJJP

Tower Records Online
http://tower.jp/item/3594160/語りえぬものについては咆哮しなければならない

HMV Online
http://www.hmv.co.jp/product/detail/5797833

楽天ブックス(通販)
http://books.rakuten.co.jp/rb/12779049/

TSUTAYA(通販)
http://www.tsutaya.co.jp/works/20536784.html



「武蔵野フォークの吟遊詩人」 3作目となる待望のフルアルバム!!

いしうらまさゆき
『語りえぬものについては咆哮しなければならない』

1. 無(ゼロ)の季節
2. お早う
3. しょうがない (feat.EARVIN)
4. ワラベウタ warabe-uta    
5. 愚作です          
6. 憧れが泣いている
7. 日本(ニッポン)の繁栄
8. Children’s Song
9. あの日のスナフキンに…
10. 愛すべき音楽よ
11. ほそいエントツ (feat.EARVIN)
12. 路上 On The Road(3.20.1995)
13. 永遠のリズム
14. 魔法のとびら(bonus track)

2014年7月20日発売  
MASH RECORDS MASH-002
Distributed by VIVID SOUND
定価2160円(tax.incl)
                   
Produced by 馬下義伸
All Songs Written by いしうらまさゆき
Arranged by いしうらまさゆき & 馬下義伸
Mixed and Mastered by 馬下義伸
Designed & Illustrated by Daniel Kwon


■ 武蔵野フォークの吟遊詩人 いしうらまさゆき の3作目となる待望のフルアルバムが到着!!

戦後ニッポンの歩みをユーモラスに、時にシリアスに辿りつつ、現代社会とギター片手に対決した本作、ラッパーEARVIN(EX.ウリフターズ)とのフォーク×ラップの異色共演を2曲収録するなど、多彩なゲスト陣も魅力の文句ナシの最高傑作!!オーセンティックなフォークからR&R、ソフト・ロックまでポップスの王道を行く美味しいソングライティングももはや円熟の領域!! アートワークは1、2作目同様、個性派シンガー・ソングライターのダニエル・クオンが手がけている。(Produced by 馬下義伸 / Artwork by Daniel Kwon)

■ いしうらまさゆき プロフィール

シンガー・ソングライター。1999年にソニーミュージックエンタテインメントコミックソング・オーディションに合格。ソロ活動13年目となる2011年にエレック・レコードのスタッフを迎えた70年代フォークのオマージュ盤『蒼い蜜柑』(元ピピ&コットの金谷あつしプロデュース)をKAZEレーベルよりリリース。2012年には馬下義伸がプロデュースを手がけた宅録パワーポップ・アルバム『愛すべき音楽よ』をMASH RECORDSよりリリース。文学的な歌詞の世界と、ウェルメイドな楽曲群が数々の音楽誌で高い評価を得た。レコード・コレクター、音楽ライターとしても知られ「芽瑠璃堂マガジン”愛すべき音楽よ”」(http://www.clinck.co.jp/merurido/_friends/00023/)も好評連載中!