いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 伊藤銀次

markrock2012-12-27

/ ゴールデン☆ベスト〜40th Anniversary Edition〜( Sony /2012 )


年の暮れも押し迫り。今年もレコード買ったなぁ、という一年。時代は悪くなる一方なんだけれど、そう言う年ほどレコードの世界に逃げ出したくなる傾向にあって。ディラン言うところの”shelter from the storm”なのだろう。


昨日は久々に聖地お茶の水を巡礼。”聖地”というのもレコード・楽器・古本という三拍子が揃っているからで。もしお茶の水に住んでいたら大変なことになる、と思った。6時間くらい無心になって放浪したが飽きることはない。ここにいると、本もレコードもこの世から無くなることはないな、と思う。古本屋も若いお客さんがかなり多かったし。ところでご存じの方も多いと思うが、お茶の水ユニオンには音楽本専門コーナーがある。新宿にも今年オープンしたが、セレクトショップの趣きで、探している本がよく見つかり重宝している。古本の街だからか、もともとユニオン神保町店(今はクラシック中心になっている)には音楽に関する古本が揃っていた。「ブックユニオン」はそのコンセプトを発展させたモノだろう。今年は『音楽の本の本』なんていう本が出て、音楽本を10年くらいコツコツ集めている身としてはしてやられたと思ったけれど、自分好みの本は少なかった。つくづくクラシックがダメなんだな、と思う。


ちなみに昨日のアタリは音楽とは関係ないけれど、某書店で昭和40年代のデッドストック(といってもホコリ・カビまみれ)が5冊ほど出ていたSM王、団鬼六のエッセイ『鬼六談義』。300円ながら抜群の内容。高校教師を経てSM作家になったと初めて知る。


さて。ゴールデン☆ベストってのも相当数のカタログが出てますね。昔を懐かしむ人から、新しい音楽に触れる人まで、なかなか好編集のものも多い。最近じゃ、期間限定999円シリーズなんてのも出ていて。中山ラビさんあたりを私は押さえましたが、センチメンタル・シティ・ロマンスなんかも個性的な編集なので是非聴いてみて欲しい。


こちらのゴールデン☆ベストは出たばかりの伊藤銀次デビュー40周年記念の2枚組(流石に999円ではありません…)。数年前の紙ジャケの再発シリーズもボーナストラック入りで最高に良かったけれど、今回は新曲入り、全レーベル網羅ってことでこれまたキャリアを総括する素晴らしい仕上がりだった。山下達郎の4枚組オーパスに匹敵する満足感。両者共に音源殆ど持っていても買い、というレベルで。音も良いしね。


この人も本当に音楽の虫、なんですな。大好きなブリティッシュ・ビートやスワンピーな音楽への愛情を素直に表現している。コレはキャリアを通じて共通している。マニアックな音楽愛全開で。70年代のナイアガラ・トライアングル前後は「早すぎた」時代だったけれど、80〜90年代は佐野元春のバックやイカ天審査員、プロデュース・ワークを通じて、時代とも共振した。一言で言ってポップそのもの。作詞家としても、シュガーベイブものも含め、コピー・ライター的センスを感じられる。ボーカルもかつては弱さを感じたこともあったけれど、ごまのはえ時代を含めてくっきりリマスターされた音でこうして聴いていると、実に心地良い。ごまのはえ音源も、今までベルウッドの編集盤などで聴いてはいたけれど、余りに良いので改めて春一番のものも含めて自分的に全曲集を作ってみたくなった。


ボーナス・トラックがまた最高で。特に、「笑っていいとも」のテーマ”ウキウキWATCHING”のセルフカバーは思わず5回リピートしてしまった。今年の10月に武蔵小山のアゲインで録音されたアクースティックなセルフカバーなんだけど(2ヶ月でリリースって凄いですね…)、ボーカルも含めて実に良い雰囲気。アクースティックな近年のライブツアー、行かなきゃですね、すみません、という感じで。しかもパーカッション&ミックスは安部徹さん!杉真理村田和人、チューリップ、そして仲良しのフォーク歌手松田亜世くんの作品でもお馴染みのビートリーなエンジニアさん。個人的にもかつて色々とお世話になりました。


そんな懐かしい出会いもありつつ、楽しめたベスト盤。コレは買いでしょう。ファーストと同じシチュエーションのジャケもGOOD!!


P.S. ”ウキウキWATCHING”を聴いていたら、今は亡きカメラのさくらやのテーマ”ハートでさくらや”( 作詞:伊藤アキラ、作曲:小杉保夫)のサビと酷似していることに気付く。調べると、”ハートでさくらや”を意識した、とか書いてる人がいたけれど、逆じゃないかな?”ウキウキWATCHING”が先なのでは?詳しい方がいたら教えて下さい。ただ、カメラのさくらやが「笑っていいとも」のスポンサーだったという話もあり、意図的なメロディ流用なのかもしれないですな。まあパクリ云々の不毛な議論は意味をなさないので、そんな所も含めて、実に「ポップ」な作品だったと思うわけで。