いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Stories

markrock2012-03-06

/ About Us ( Kama Sutra / 1973 )


久々の更新で。先日、私のアルバム『蒼い蜜柑』をサンレインレコーズさんで扱って頂けることになりました!ご自身も素敵なミュージシャンでらっしゃる、ゆーきゃんさん、本当にありがとうございます!レビューも書いていただけて、感激であります。ちなみにサンレインさん、独自のオルタナティブな感性で音楽をセレクトしているお店。ヒットチャートとは無縁でありながら、現代的すぎるほど現代的なラインナップは注目に値します。


いしうらまさゆき『蒼い蜜柑』
↓サンレイン・レコード
http://www.sunrain-records.com/catalog-3600.html



さて。アナログが堪らなく聴きたくなる時ってのが定期的にあって、そう言うときはまず下北沢フラッシュ・ディスク・ランチに行く。あとは吉祥寺のココナツ・ディスクとかね。アナログがメインの店。ってかフラッシュはアナログだけだけど…


しかしフラッシュ・ディスク、デジタルなこんなご時世でこの回転率、凄すぎ。アナログ至上主義的な人ってのはこれからも居続けるんだろうな、と思う。ボロジャケであっても、割とキレイな聴ける盤を3枚2000円の安価でガンガン出すっていうポリシーは好きだな。しかもアメリカ買い付け盤はアメリカの匂い(雰囲気)が染みついてるから、ジャケのスレた感じと言い、唯一無二なのだ。ユニオンでは買わない盤もココだと買ってしまう。もしかすると、音だけじゃなく、アメリカのレコードの持つ空気とか時間とかをソックリそのまんま買ってるのかもしれない。


今回もカナリの収穫。e-bayもいいけど、高い送料を思うと、フラッシュに張り込んだ方が安上がりかもな、と思ってしまう。


まず、”Walk Away Renee”の特大ヒットで知られる元レフト・バンクのマイケル・ブラウンが組んだパワー・ポップ・バンド、Storiesの盤。コレはスルーしていたけれどむちゃくちゃ良い。特に冒頭のA-1”Darling”が素晴らしい。コーラスがキレイな”Love Is In Motion”も耳に残った。


あとはハドソン・ブラザーズ『Ba-Fa』とかデイヴィー・ジョンストンのロケット・レコードから出た『Smiling Face』、ラリー・ネクテルがプロデュースしたパティ・ダールストロムの『Livin’ It Thru』、ナイジェル・オルスンの『Drum Orchestra And Chorus』、まったく今の今まで見落としていたバート・ヤンシュの1975年のカリフォルニア録音盤『Santa Barbara Honeymoon』、割と探していたバリー・マン&シンシア・ワイル書き下ろし曲収録のサントラ『Wild In The Streets』、コレは持ってたかもしれないけれどジョニー・リヴァース『New Lovers and Old Friends』、なかなか才能のあるソフロ〜SSW系のソングライター、デイヴ・アントレルのLPもあったり。300円盤でもウェイン・ニュートンや結構好きなシンガー・ソングライター、ビル・クエイトマン、あとはスティーヴン・ビショップ1989年のインタビュー入りプロモ盤とか。そう言えばLPが消える80年代後半のCDやテープと平行発売された新譜LPってなにげに最近集めようかという気持ちになっている。


レコードにホコリ一つ付けず聴くってのはクラシックやジャズ的な感性なのかな。ソッチ系のレコ屋の盤質へのこだわりは半端無いから。一方フラッシュ・ディスクの方はというと、汚いレコードはジャブジャブ洗って聴こうじゃないか、というね、音を狭い所に閉じこめておかない聴き方なんでしょう。そんなわけでフラッシュで最近発売された大容量アナログ洗浄液が我が家では大活躍している。豪快にジャブジャブ拭き取って、ガツンとぶっとい音でアナログを楽しもう。