いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

Glen Campbell

markrock2010-12-04

/ Galveston ( Capitol Single / 1969 )



何週間前だったか、本屋に行くと『村上ソングス』という本が平積みされていて。村上春樹ね。雑誌エスクァイア(休刊になったらしいですな)の連載を2007年に単行本化したものが、翻訳ライブラリーの1冊として新書版で出たモノらしい。


元々ノルウェイの森(言うまでもなくビートルズからの引用)なんてのが代表作と言われてきたくらいだから、音楽とは関わりの深い人と言えるんだろう。この本にも取り上げられている”On A Slowboat To China”が彼の初めての短編小説のタイトル「中国行きのスロウ・ボート」になった、なんてのも全く知らなかった。興味がないってのは恐ろしいですね。最近彼と音楽の関わりを論じた本も出たくらいだから、手に取ってみた。和田誠とのコラボ本『ポートレイト・イン・ジャズ』や和田の好著『いつか聴いた歌』を思わせる装丁も気になって。


個人的には恥ずかしながら、村上春樹を読んだことがない(いや、件のノルウェイくらいは中学生の時に読んだかな、でも何も覚えていない!)。同じ村上でも60年代に引きずられて戦い続ける村上龍はそれはそれはよく読んだけれども、ある種現代的でクールな雰囲気の春樹氏には失礼ながら一度たりとも心惹かれたことがなかったというわけで。


さて、そんなわけで読んでみたわけだが、面白い。29曲、私も大好きな曲ばかりで。文体のさっぱり感と醒めて俯瞰した佇まいが現代社会に好まれるのが良く解った。訳詩もとても良い感じ。学生時代から、こんな風に洋楽を訳して楽しんでいたんだそうだ。素敵じゃないか!


学生運動にも引っかかるロック世代でありながら、ジャズ喫茶に逃げ込んだ彼らしく、ジャズ・ボーカルの名曲が目を惹く。ジャズの詩って、改めて面白い。ロック世代にも良くカバーされる”Miss Otis Regrets(ミス・オーティスは残念ながら)”とかね。さらにビーチ・ボーイズね。懐古趣味的な内容のブルース・ジョンストンの名曲”Disney Girls(1957年のディズニー・ガールズ)”を取り上げたのも彼らしいし、音楽の世界に閉じこもったブライアン・ウィルスン”God Only Knows(神さましか知らない)”をしょっぱなに持ってきたのも実に象徴的で。僕と君、それ以外の世界は視界にない、という。なんてこれまた現代的なんだろう!よく考えてみたら、90年代に本格化するブライアンの復活って、世界が彼のイノセンスや逃避にシンパシーを感じたからなのかもしれないな、と思ったり。


そんなわけで、暑苦しい反戦歌なんてないのかな、と思ったら、ありました。ジミー・ウェッブがグレン・キャンベルのために作った”Galveston(ガルヴェストン)”。私が初めて聴いたのはジミー・ウェッブの『Ten Easy Pieces』の自演版でありまして、感動の余り村上氏がしたのと同じように訳してみたのを覚えている。やっぱり多感な時期だからこそ、共感できる部分があったのかな。ジミーの感傷的な表現、声高に反戦を叫ばない所に万人に訴えかけるものがあった。棚を探したらグレンのシングル盤を発見。


普通なら、村上氏の著書を読み、そのバックグラウンドを理解するために彼の愛した音楽も聴いてみよう、となるんでしょうけど。流行モノには背を向けるへそ曲がりゆえ、よっぽど気が向いたら、その逆で今度はマトモな彼の本も読んでみるかな?


こんなサイトもありました↓
http://d.hatena.ne.jp/supiritasu/20071225