いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 高田渡 

markrock2010-11-08

/ さびしいと いま ( Concipio Records / 1997 )


今でも吉祥寺を歩いていると、高田渡を思い出すことがある。建て直された「いせや」本店。正直往時の風情は全くないけれど、飲んだくれて自転車に座り込む渡さんがいないかと目を追ってしまう自分が居る。渡さんに初めて(そして最後になってしまった)声を掛けたのは、そのいせや本店の向かい側。たぶん奥さんと2人で居るところだった。ぼくは70年代の学生を気取って、くしゃくしゃのウェスタン・シャツにベルボトムを穿いていたんではなかったか。


今日、中野のレコード屋で「さびしいと いま」を見つけた。なぜかこのシングルだけは買わずじまいになっていた。石原吉郎のタイトル曲と、菅原克己幽霊語り、”ブラザー軒”をさっきから繰り返し聴いている。


このCDを見ると、思い出す場面がある。吉祥寺のレンガ館モールを出たところで、渡さんを目撃したときのこと。ジャンパーを着て、スーパーのビニール袋をぶら下げて立っていて、渡さんだ、と思った。通り過ぎた後レコード屋に立ち寄ると、「さびしいと いま」を見つけて。ちょうど発売されたばかりだったはず。当時、まだそんなにレコードやCDを買えなかったから、2曲で1000円というのがどうにも高く思えてしまって。そんなわけで買わずに店を出ると、渡さんはまるで風のように消えていた。


なんて力強い歌声なんだろう。12年前の風を今日つかめたかどうかはわからないけれど、ぼくは「あの」時に縛り付けられたようで動けない。