いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Crosby,Stills,Nash & Young

markrock2010-11-10

/ So Far ( Atrantic / 1974 )


クロスビー・スティルス・ナッシュ・アンド・ヤング。CSN&Yという彼らの名が、ある世代にとっては甘美な響きを持つことを知っている。サイモン&ガーファンクルビートルズと並ぶ、ロック・ミュージックの太い幹の一つだ。


そんな彼らの音楽を、各人のソロや参加作を含めて、全て集めて聴いているという人は、それなりにいるんじゃないかと思う。私もその一人なのだが、その旧作探しのまさにSo Farな長い旅を終わらせたのがこの誰でも知っているベスト盤だというのもおかしな話だと我ながら思う。リアルタイム世代ではないからそういう聴き方になったのだろう。


まあそもそも、ボックスセットからの秀逸な抜粋ベスト盤『Carry On』で入門したものだから、メンバーのうち2人と付き合って、名曲"Woodstock"を作ったジョニ・ミッチェルが描いたジャケットで知られているこのベスト盤を買う必要が無かったというわけだ。LPのみで手に入るベスト盤『Replay』はリミックス・ヴァージョンが入っているから手に入れたけれど。


奇しくも最後に聴くことになったこのベスト盤。全てそらで歌えるものばかりだけれど、流石に聴かせてくれる。シングル・リリースの"Ohio"なんかが入っているから、同時代的にはそれなりの価値があったのかもしれない。個性の違う4人が同じ方向を向いた音作りが出来た貴重な記録と言えるだろう。リリース時にはCSN&Yの再結成ツアーが行われていた。その時の音はブートでのライブや、ボックスセットに収録されたスタジオ音源で伺い知ることが出来るが、公式アルバムの形で4人が重なり合うことは無かった。


2010年の10月(つい先月)、ニール・ヤング、スティーヴン・スティルス、リッチー・フューレイによるバッファロー・スプリングフィールドが、ニール主催のチャリティ・ライブであるブリッジ・スクール・コンサートで再結成された。YouTubeでは早速その音を聴くことが出来る。スティルスの復調が伺えて嬉しかった。