いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Santana

markrock2010-10-21

/ Guitar Heaven The Greatest Guitar Classics Of All Time ( Arista / 2010 )


これまたエグい1枚。サンタナにロック・クラシックスをカバーさせたという。まあこんなもの出しちゃうと、サンタナも日和ったな、とか、ロッドでもあるまいし、クライヴ・デイヴィス仕込みの売れ線に顔出して、なんてあさましいことを言い出すオールド・ファンが大勢いるだろうけれど。私はと言うと、サンタナにそれほどの思い入れもないし、今の時代に、歌わないベテランギタリストが、こうして90年代〜00年代にかけてもヒットチャートに顔を出すアルバムを出していたということを素直に賞賛する。とどのつまり、伝統芸能に収まらないギター弾きの生き残り方をよーく、考えればこうなるわな。


オリジナルの雰囲気は損なってないけれど、ラテンテイストのサンタナサウンドは随所ににおわせつつ、肩をはらずに割と飄々と、誰でも知ってるロックの定番曲を弾く、弾く、弾きまくる。それなりに良いから笑っちゃうな。歌モノとギターをバランス良く繋げるのはとても大事なんだ。


ゲストも新旧交えて凄いことになっている。ちなみに最近滅多なことでは買わない日本盤はスルーして、メイキングとインタビュー入りのDVDが付いた輸入盤のデラックス・エディションを入手。こっちの方が安かった。ジャケのサンタナが動き出す、オモチャみたいなホログラムも付いてます。


01. Whole Lotta Love
Featuring Chris Cornell
(Led Zeppelin)
 
02.Can't You Hear Me Knockin’
Featuring Scott Weiland
(The Rolling Stones)
 
03. Sunshine Of Your Love
Featuring Rob Thomas
(Cream)
 
04. While My Guitar Gently Weeps
Featuring india.arie and Yo-Yo Ma
(The Beatles)
 
05. Photograph
Featuring Chris Daughtry
(Def Leppard) 

06.Back In Black
Featuring Nas
(AC/DC)

 
07. Riders On the Storm
Featuring Chester Bennington and Ray Manzarek
(The Doors)
 
08. Smoke On the Water
Featuring Jacoby Shaddix
(Deep Purple)

 
09. Dance the Night Away
Featuring Pat Monahan
(Van Halen)
 
10. Bang A Gong
Featuring Gavin Rossdale
(T. Rex)
 
11. Little Wing
Featuring Joe Cocker
(Jimi Hendrix)
 
12. I Ain’t Superstitious
Featuring Jonny Lang
(Howlin' Wolf, Jeff Beck Group)
 
13. Fortunate Son
Featuring Scott Stapp
(Creedence Clearwater Revival)

14.Under The Bridge
Featuring Andy Vargas
(Red Hot Chili Peppers)