いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

Santana

markrock2010-10-21

/ Guitar Heaven The Greatest Guitar Classics Of All Time ( Arista / 2010 )


これまたエグい1枚。サンタナにロック・クラシックスをカバーさせたという。まあこんなもの出しちゃうと、サンタナも日和ったな、とか、ロッドでもあるまいし、クライヴ・デイヴィス仕込みの売れ線に顔出して、なんてあさましいことを言い出すオールド・ファンが大勢いるだろうけれど。私はと言うと、サンタナにそれほどの思い入れもないし、今の時代に、歌わないベテランギタリストが、こうして90年代〜00年代にかけてもヒットチャートに顔を出すアルバムを出していたということを素直に賞賛する。とどのつまり、伝統芸能に収まらないギター弾きの生き残り方をよーく、考えればこうなるわな。


オリジナルの雰囲気は損なってないけれど、ラテンテイストのサンタナサウンドは随所ににおわせつつ、肩をはらずに割と飄々と、誰でも知ってるロックの定番曲を弾く、弾く、弾きまくる。それなりに良いから笑っちゃうな。歌モノとギターをバランス良く繋げるのはとても大事なんだ。


ゲストも新旧交えて凄いことになっている。ちなみに最近滅多なことでは買わない日本盤はスルーして、メイキングとインタビュー入りのDVDが付いた輸入盤のデラックス・エディションを入手。こっちの方が安かった。ジャケのサンタナが動き出す、オモチャみたいなホログラムも付いてます。


01. Whole Lotta Love
Featuring Chris Cornell
(Led Zeppelin)
 
02.Can't You Hear Me Knockin’
Featuring Scott Weiland
(The Rolling Stones)
 
03. Sunshine Of Your Love
Featuring Rob Thomas
(Cream)
 
04. While My Guitar Gently Weeps
Featuring india.arie and Yo-Yo Ma
(The Beatles)
 
05. Photograph
Featuring Chris Daughtry
(Def Leppard) 

06.Back In Black
Featuring Nas
(AC/DC)

 
07. Riders On the Storm
Featuring Chester Bennington and Ray Manzarek
(The Doors)
 
08. Smoke On the Water
Featuring Jacoby Shaddix
(Deep Purple)

 
09. Dance the Night Away
Featuring Pat Monahan
(Van Halen)
 
10. Bang A Gong
Featuring Gavin Rossdale
(T. Rex)
 
11. Little Wing
Featuring Joe Cocker
(Jimi Hendrix)
 
12. I Ain’t Superstitious
Featuring Jonny Lang
(Howlin' Wolf, Jeff Beck Group)
 
13. Fortunate Son
Featuring Scott Stapp
(Creedence Clearwater Revival)

14.Under The Bridge
Featuring Andy Vargas
(Red Hot Chili Peppers)