いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Daniel Kwon

markrock2010-10-23

/ Same ( Motel Bleu / 2010 )


以前デモCDを紹介したことのあるダニエル・クォン。韓国系アメリカ人ながら日本に住んでいる。繊細なアクースティック・ギター・ピッキングにエミット・ローズを思わせるボーカルが載ってくるという正統派SSWらしさと、エキセントリックなコード・チェンジとコーラスが同居する辺りが、通の音楽ファンを魅了してやまない。先日の渚十吾さんとのジョイントも実に良かった。


さて、今日は鈴木博文ムーンライダース)のライブのオープニング・アクトに登場するとのことだったのだが、残念ながら仕事の都合で行けず。それならばということで、最近話題のファーストを紹介しよう。


韓国のbeatballから出た盤『layin’ in the cut』を自身のサイケデリックなイラストを交えた新装ジャケで再発したもの。ダニエル自身は余り仕上がりに納得していない様子だったけれど、音を聴いてみるとぶっ飛ばされる出来。ディスク・ユニオンのチャートでも2位を記録した。


最近そのダニエル君が家に遊びに来たのだけれど、凄く日本の音楽にも詳しくて驚いた!80年代の薬師丸ひろ子とか、尾崎亜美なんかも知っていて。最近はアクースティックなものから、プログレ・ライクなものに惹かれているみたいで、ピンク・フロイドなんかを聴かせてくれた。そっちの影響も彼の音楽に表れてきたら面白そう。傍らのギターで新しい曲なんかも聴かせてくれたけれど、そのギター・ピッキングには唸らされた。