いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 Steve Cropper

markrock2010-05-11

/ Playin’ My Thang ( MCA-5171 / 1981 )


Booker T.のソロアルバム『Evergreen』のCD化が話題ながら、MG’sのギタリストSteve Cropperのソロでも。こちらはCDが出る気配がない。個人的にはテレキャス好きゆえ、この人のギターは堪らない。ジャケもカエルが指板にあしらわれた赤いテレキャス姿!5月2日に一周忌を迎えたキヨシローとの共演も印象深い。


さて、彼にとって2枚目のこのソロアルバムだが、1981年という時代性もあるが、とても洗練された印象。元々TOTODavid PaichBobby Kimballが参加していることで注目した盤。もちろん今聴くと違った聴こえ方もしてくるんだけど。メンフィス・ホーンズも大方の曲で参加。


まず、Steve自身が歌っているのがなかなか。お世辞にも上手くはないけれど味はある。むしろ歌えるんかい、という驚きの方が大きかった。A-1”Give ‘Em What They Want”やA-4”Fly”はAOR的な爽やかさがあってお気に入りの曲。そういえばNed Dohenyのプロデュースもやってたな、なんて。

でもそうばかりは続かなくて、A-2”Let the Good Times Roll”では旧知のDuck Dunnがベースを弾き、”All Along The Watchtower”をひねくったようなタイトル曲A-3ではズッチャ・ズッチャなリズムにピキピキとソロを弾きまくってくれて!音数は少ないけれど、個性的なギターだな、と。


B-1”Sandy Beaches”はJohn JarvisとDelbert McClintonの共作。B-2”With You”は和むソウル・バラード。B-3”Feet”は同じくギタリストで同じ頃ソロアルバムを出していたDanny Kortchmarの曲。William D.Smithがオルガンを弾いている。B-4”Why Do You Say You Lover Me”とB-5”Ya Da Ya Da”(後者はSteveとDuck Dunnの共作)はLittle FeatBill Payneがエレピを弾く、リズム&ブルース色が濃い2曲。ライブでも、初めは無理して気取っちゃってたのに、最後はお決まりの王道…なんてパターンあるよくじゃないですか。まさにソレ。