いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Vol.4 Fender Japan Telecaster TL-62B-70

markrock2010-05-14



初めてのエレキ、がテレキャスってのは後の音楽的志向を運命づけていたような気がする。仲良しの音楽仲間だった同級生の導きで高校生の時に購入。このギターのおかげで音楽性を広げさせてもらえて感謝している。型番に70とある通り定価7万だったので売値は56000円だったはず。今は無き吉祥寺の田原楽器にて。


思えば12年くらい弾いている。何度か落としてしまってバインディングが割れたりボリュームのつまみが緩んだりしてはいるけれど、特に改造もせず使っている。それにしてもフェンダー・ジャパンは作りが良い!特に問題が起きたことも無いし。 


使うのはもっぱらリア・ピックアップ。弦はダダリオ以外張ったことがない。全くエフェクター無しでアンプに直でつないでも実にロックンロールでプリミティブな太い響き。とりわけカントリー・リックを弾いた時の反応が良い。ジェイムス・バートンなんかでテレキャスの良さに目覚めた部分があるし、ついついそんなフレーズを弾きたくなってしまう。



宅録で弾くのがメイン。友人とのスタジオセッションでもしばしば持ち出している。レコーディングではソロ、バッキング共に実に堅実な音を鳴らしてくれて、安心感がある。エフェクターはBOSSのTURBO Over Drive (OD-2)のみを使用。元々アコギ弾きゆえ、複雑なセッティングは好まない。OD-2だが、TURBOモードにすると気持ちよく歪んでくれる。でも、その歪みも(矛盾しているが)曲がってはいないというか、割と抜けの良い感じが悪くない。アクースティック・ギターと合わせてもなかなか。シンプルさの極地の様なギターだから、複雑なことはしたくないし、そもそも技量がないので出来ない。