いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Various Artists

markrock2010-10-13

/ John Lennon’s Jukebox ( Virgin EMI / 2004 )


生誕70周年のジョン・レノン及び赤青盤リマスターが出るビートルズ関連の新譜が畳かけるように出てますね。しかし、ジョージ・ハリスン生き写しの息子ダーニ・ハリスンがベン・ハーパーらと組んだトリオFistful Of Mercyまで出てくるとは!こいつはかなり良くてビックリ。


さて、9月に惜しまれながら閉館したジョン・レノンミュージアムだけれど、企画展で気になったのはジョン・レノン・ジュークボックスってやつ。ジョン・レノンが1965年に購入したスイス製のジュークボックスで、そこには1965年のツアーに持って行った40枚のシングル盤が含まれていたという。これが1989年にオークションに登場して世に出た。


もちろん、1965年時点であるから、ジョンのオールタイム・ベストというわけではない。オールタイム・ベストなら、ニルスン、ビリー・スワン、ハリケーン・スミスにラズベリーズなんてのも入ったかな?しかし、このジュークボックスの発見、ビートルズ研究には相当の参考になったようだ。個人的にもむちゃくちゃ興味を持ってしまった。


で、その40枚のうち、34枚のA面と7枚のB面を収めた2枚組CD(一部再レコーディング音源も含む編集盤)も一緒に展示されていて、そんなものがあるなら直ぐさま手に入れようと思ったのだけれど、これがまた廃盤になっていて…飾っといて廃盤はないだろうと思う。それ以後かなり探したけれど、欲しいと思えば思うほど無いもので、持っている曲も多かったのから、地味に集めようかななんて思っていたところ、CD2枚分と高かったもののe-bayで発見。新品と書いてあったけれど、明らかに中古だったのにはビックリしたけれど、中身に免じて許そう。


予想通り、かなり黒っぽい音を好んでいたことが伺える。”My Girl”もオーティス・レディング版になっていたりと。でも、黒っぽい中にも甘さがあるソウルを好んでいたんだなあ、と改めて。ビートルズやソロ時代も一貫して、大好きだったリズム&ブルーズやロックンロールを愚直に演奏していたジョン。自分を救ってくれた音楽に一生を捧げるつもりだったんだろうな。


ラリー・ウィリアムス、バディ・ホリージーン・ヴィンセント、リトル・リチャード、チャック・ベリーなんてところはポール・マッカートニーとも共通する好み。アルバム『ROCK’N’ROLL』でカバーしていた”Slippin’ And Slidin’”はリトル・リチャード版とバディ・ホリー版を両方収録。よっぽど好きだったんでしょう。アイズリー・ブラザーズ(”Twist and Shout”)なんてところはジョンの涙ぐましいシャウトを重ねて聴く。スモーキー・ロビンソンやゲイリーU.S.ボンズ、バレット・ストロング、ジョージも大好きで”(I Got My Mind)Set On You”をカバーしたジェイムス・レイといったところは、とってもポップで甘いソウルで、ビートルズの感性が良く理解できる。ディランやドノヴァン、アニマルズは判るとしても、ラヴィン・スプーンフル、ポール・リヴィア&ザ・レイダースといった同世代のバンドにも注目していたってのは面白い。ポールの”Good Day Sunshine”へのスプーンフルの影響は有名だけど。


フォンテラ・バスなんてのは正直初めて聴いたけれど、意外な良さ。アメリカでなくイギリスって所もあるのか、簡単に手に入らない音もあるけれど(意外な黒さなんだけど、イギリスの俳優、デレク・マーティンの音みたいに!)、そう言う時、このセレクションは助かる。


ちなみに言い忘れたが、この2枚組は同名のドキュメンタリー番組のサントラという体裁。番組はココで見られます。
http://video.google.com/videoplay?docid=-7532896021332831792#


さて、コレを聴いていたら、以前入手した名ブート盤『The Songs We Were Singing』を思い出した。4枚に亘って、ビートルズの4人が影響を受けてきた楽曲を117曲を収めたモノ。いまだに良く聴く。ビートルズの土台を聴くことは、彼らのアイディアと創造性について再考することにもなりうるし、小難しいことを抜きにして単純にハッピーにもなれる。