いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Solomon Burke

markrock2010-10-14

/ Make Do With What You Got ( Shout / 2005 )


喜納昌吉が沖縄知事選出馬の意向、なんていまヤフー・ニュースを見ていたら。参議院選挙に落ちちゃったもんなあ。参院選前に実は吉祥寺でライブがあったんで観に行ったんだけれど、とにかく迷走っぷりが見て取れた。ライブの途中でわけの判らない爺さんを連れてきて討論会とか始めちゃうし。苛立った観衆が釈然としない喜納さんをなじるという一幕もあって、選挙はダメだなって思ったな。歌を聴きに来てるんだよ、って私も正直不信感を覚えた。政治家なのに「すべての武器を楽器に」なんてジョン・レノンみたいな夢想家でいられることが、奇跡というか、とても大事なことだと今も思っている。ライブはちょうど基地移設の問題で揉めに揉めていた頃のこと。しかし我々も反省しないといけない。マスコミが沖縄と言ったら沖縄に目が行くけど、もう忘れちゃってるなんて酷いよね。対岸の火事意識。情報収集をテレビや新聞だけに任せていると危ないな、と思う。



さて、すいません関係ない話で。そうそう、ソロモン・バークですよ。亡くなっちゃいました。今年来日して、70にしてお盛んなソウル・シャウトを聴かせてくれたのに。飛行機で移動中に急死なんて悲しすぎる…


ということで、手近に見つかったアルバムを取り出してみる。ドン・ウォズが手がけた2005年の『Make Do With What You Got 』。この中に入っている、ザ・バンドの”It Makes No Difference”がとっても良いんだ。レヴォン・ヘルムも、昨年の『Electric Dirt』の中にソロモンの当たり曲でゴスペル・ルーツが見て取れる、”I Wish I Knew How It Would Feel To be Free”を収めていた。もっともザ・バンドで”It Makes No Difference”を歌っていたのはリック・ダンコだけれど、この人も既に帰らぬ人となっている。ドラムスはソウル界でも最高峰のドラマー、ジェイムス・ギャドソン。これが最高に良いんだ。歳はソロモンより一つ上だ。


思い返してみると、2002年の『Don’t Give Up On Me』を聴いたときはビックリした。ゼロ年代に入って、こんなディープなソウルに出会えるなんて思いもよらなかったから。