いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

Paul McCartney

markrock2012-02-10

/ Kisses On The Bottom ( Hear Music / 2012 )



ビートルズ・デビュー50周年の年にポールの新作。リンゴの新作も同時に当て込んできていたけれど、それもアリかな。ジョン映画にジョージ映画もあったから何かとビートルズ・ファンを飽きさせない流れがある。


しかし意外に感じたのは新曲2曲入りとはいえ、名匠トミー・リピューマなんてポールとは結びつかなかった人に委ねたアメリカン・ジャズ・スタンダード・カバー盤だったこと。ロックも老境に入り、ジャズに帰って行くのかな。ゲスト参加しているクラプトンなんかを思ってみてもそうだけれど。


最近、ミュージック・マガジンの過去の名物レビューのムック“クロス・レビュー1981-1989”ってのを読んだけれど、評価厳しすぎ!結構好き勝手書いてたんですね。作り手は相当ムッとしただろうね…ロックの成熟に伴って、ロックの聴衆も成熟し耳が肥えてきていたから、ココまで強気で言えたんでしょう。でも、2012年にもなると、ロックの偉人達も鬼籍に入り、もはやこのポールの新作を、“天性のソングライターの才能の枯渇”、なんて言う人はいないんだろうな。もはや生きていてくれるだけで、有り難いっていう境地。


さて、中身だけれど、可もなく不可もなく、ではある。ポールらしい歌い回しはあるけれど、あまりジャズ・シンガーらしいコブシ回しは無くって、ソッチのファンには食い足りないかも。ポールのファンならお気づきだろうが、近年は張らない限り声もかなり枯れているし。ただ、ロッド・スチュワートのスタンダードものもそうだったけれど、節回しはヴォーカルに専心しているだけあってかなり丁寧で。何度も聴くと実に落ち着く。コレがポールの考える「スタンダード」だったんだろうな、と。


バッキングはいまエルヴィス・コステロの妻となったダイアナ・クラールのリズム・アレンジでトリオ編成のバンドが中心。ダイアナは当然と言えば当然だが、この大抜擢にあっても全く目立とうとしていない。ギターにはジョン・ピザレリの名も見えて、ファンには嬉しいところでしょう。父バッキー・ピザレリとジョンが共演したトラックもあって。スティーヴィー・ワンダーは、唯一ダイアナ・クラール抜きのポールのオリジナル”Only Our Hearts”に一聴して彼のものと判るハーモニカで参加。ストリングス中心のスロウなバラードで、こんなオリジナルと不朽の名曲群を並べてみたくなったんだろう。ただ、もう一つのオリジナル”My Valentine”の方がポールらしいメロディとボーカルを聴かせてくれてはいるが。


そうそう、ヴァレンタインと言えば、手に入れたデラックス・エディションはヴァレンタイン・デー以降に、キャピトル・スタジオで2月9日に行ったポールのライブ音源のフリー・ダウンロードできるカードが封入されていた。そちらも期待したい。