いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

 ジョン・レノンを思う

markrock2015-12-08



12月8日。真珠湾攻撃の日、とか言うけれどやっぱり、1940年に生まれたジョン・レノンが1980年に40歳で暗殺された日…ジョンの命日という印象の一日だ。そう言えば私の父の誕生日もこの日だったから、何かと色々なことを思ってしまう。



誕生日というと、先月の11月25日は母の母、つまり祖母の誕生日だった。45年前のこの日はあの三島由紀夫楯の会のメンバー4人と自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺した日だ(1970年)、と母が言っていた。まだ18歳だった母が祖母の誕生日を祝おうと家に帰ったら、そんな衝撃のニュースが耳に飛び込んできたのだという。金閣寺潮騒を読んだばかりだったから、その凄惨な事態が余りに生々しく迫ってきて、飲み込む余地がなかったらしい。しかもその日、母の父の給料袋が窓を割って入った泥棒に強奪されるという事件もあって…その一日が忘れられないのだと言っていた。



凄惨な事態、と言えばジョンの死もまさにそうだった。なぜジョンの死が起こったのか知りたくて、以前色々な本を買って読んでみたのだけれど、その一冊にジョンの最期の様子が余りに生々しく描写されていて。深夜その本を読みながら、じっとりと手が汗ばんだのを覚えている。ジョン・レノンはその時何を思ったのだろう。



歴史にもしも、はないけれど、ジョン・レノンが生きていたら、と思ってみたりもする。ある種無思想でフレンドリーなポールと比べて、良い意味でも悪い意味でもかなり厄介な爺さんになっていたのではないかな(笑)何らかの社会運動にコミットしていた可能性もある。とはいえ晩年のジョンは米のレーガン支持という、団塊の世代の今を予見するような(そこまで短絡的な物言いは出来ない話だけれど…)ある種の保守回帰もあったらしい。それでも僕はファンで居続けたと思う。そう思うと今のヨーコさんは、ジョン・レノン幻想をある地点から再構成して、我々の望む姿で提供し続けてくれているのかもしれない。そんなラブ&ピースなジョン・レノンのあり方も僕は肯定する。ジョン・レノンが初めて出会ったヨーコの個展で、指示書きの通りにはしごを登ったら、天井に「Yes」と書いてあった…という話が好きだ。「Yes」は問答無用の肯定の一語だ。不遇な幼少期を過ごしたジョンがその言葉に人生を突き動かされたということ。否定からは何も生まれない。ありのままの自分の姿を肯定してもらえるだけで、ちっぽけな人間は歩みを前に進めることができるのかもしれない。



今年もジョンにまつわるレコードを幾つか手に入れている。まずはビートルズ『1』のリマスター再発。目玉はプロモーション映像を収めたDVDの画質の良さ!まとまりが良いと感じた27曲入りCD+DVDのフォーマットで入手。発売日に5回くらい連続で見てしまったけれど、メンバーの肌つやまで分かるくらいでブートとの落差はかなりのものだった。そして、映像で見るにつけビートルズがいかにジョン+αのバンドだったかということも改めて理解できた。

そして、リアルタイムでフィーヴァーを体感した『Live at the BBCのUKアナログ盤。これも今年何気なく手に入れたもの。BBCの続編は音が悪くてダメだったけれど、こちらは抜群に良い。LPの音も悪くなかった。そう、ビートルズものではサージェントの70年代のUKプレスのLPも、最後の溝に入っているエンドレスの笑い声だけ聴きたさに今更入手。なーんていいつつ全体的な音もまた別物の良さだった。

さらにジョンの『ROCK’N’ROLL』のUKオリジナルも今年コンディション激悪盤を入手。コンディションが悪いオリジナル盤は確実に安い。コレなんか相当持ち主が聴き込んだのだろう。写真では分かりづらいけれど、ジャケはボロボロで真ん中から左右に豪快に裂けている(笑)。でも、盤自体聴けないような代物には滅多に出会ったことがないので、余り気にしていない。音はもう最高!バーコード付きの再発LPより音圧があった!

ということで、今日は最後に昔から聴いている晩年・死後の2枚を聴こう。これももしも、の話だけれど、生きていたらダブル・ファンタジー以降の音楽がどう展開していったのか、未発表曲集も含めてこんなことを想像していくと夜も寝られない。