いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Mr. Mister

markrock2010-08-28

/ Go on … ( RCA / 1987 )


最近新聞を読んでいてよく文化面で取り上げられるのが、出版&レコード業界の不況。本とCD・レコードっていう、個人的には人生の全て(こんなこと家族に言ったら怒られますね…)と言えるものを提供してくれている業界が危機に立たされている、というわけで。これはヒトゴトでは居られない。音楽の話で言うと、渋谷HMVの閉店ですか。新星堂同様HMVは経営再建中のようで、吉祥寺店も潰れちゃったなぁ。HMV、タワレコ、ヴァージンといったメガストアにはじめて行ったときの興奮はいまだに忘れられない。検索で欲しいモノの有無が一発でわかる今とは違って、足で店を一軒一軒回ることに意味があった。外国へ行く友人や親戚がいたら、あのCD買ってきて、なんてお願いをしたりね。アマゾンもなかった時代のことだけれど、それもそんなに昔のことではない。ここ10年余りでの我々を取り巻く劇的な変化って一体…


でも、まだまだ望みは捨てたもんじゃなくて。アメリカほど広大な土地を有する地域なら、ソフトをダウンロードや通販に頼むのも解らなくはないけれど、日本ならまだまだ地域の店舗に未来はあるということだ。本でもCDでも、中古盤屋さんでも、セレクトショップにいまだに魅力や需要があるというのなら、1冊の本やCDから広がる未知の世界があるってことを実際のお店でじかに提示することなのかな。ただ売る時代はもう終わったということで、小売店のある種の工夫や経営努力は音楽文化を今以上に豊かにするのではないかと思っている。


そしてそして、ダウンロードやコピーばかりが横行しているけれど、音楽を愛する以上、対価を支払うことが大事だ。良い音楽には、対価を支払う。当たり前だけれど、フリー・ライブに行ったらCD1枚買う、とかね。インターネット社会になってから、無料が当たり前、ってな感覚が根付いてしまっているけれど、それは違うと思う。例えばユーチューブはミュージシャンが汗水垂らして作った音楽財産をごっそりと奪って、自分の儲けにしてしまっている。本当は音楽に支払われるべき対価を奪っていると言うことだ。以前たまたま、友部正人のBBSを見ていたら、友部氏がユーチューブからの削除を求めたとき、若いファンから「がっかりした」という声があったことがあった。何の情報もない若者に、友部さんの音楽を紹介する際、URLを送るだけで済むユーチューブは簡便で有効である、と。その利点を積極的に利用しているミュージシャンも居ることは確かだけれど、友部氏の反応は長い目で見て間違っていないと思う。ただこうした現状は、CDという複製可能なデジタルメディアが登場した1980年代初頭にすでに、予期されていたことでもあった。


ならば何を為すべきか…ミュージシャンは良い音楽を作り、リスナーは対価を払うこと。これに尽きるのではないだろうか。日本のCDは高すぎる、とか、ミュージシャンへの実入りが少ない、とか、色々あるけれど、音楽文化を死滅させないためにはそれっきゃないのかな。インディで動くには、現在のネット環境の整備はむしろミュージシャンに吉でもあるし。ただ、無くなってはいけないのは、ライブに行って、CDを買って、という当たり前の消費行動。コレがないとミュージシャンは間違いなく死滅しますね。


てなわけで、今日もCDを買ってこよう…ごちゃごちゃ言っても、レコキチにとって結局のところ結論は一緒なんですけどね。


今聴いているのは、MR.ミスターの1987年盤。ペイジスがAORファンに受け入れられているのに対し、同じリチャード・ペイジ、スティーヴ・ジョージ率いるMR.ミスターは80’sポップロックとしての受け入れしかなされていない。コーラス隊の一員としてもセッションメンとして引っ張りだこだったリチャード・ペイジとスティーヴ・ジョージに商業的成功をもたらしたバンドだった。今聴いても上質のサウンド。現在、リチャード・ペイジはソロ新作のレコーディングを終えたようだ。


昨年より息の長いヒットになっているベテランバンドTrainの”Hey , Soul Sister”。ウクレレを効果的に使った、レゲエビートの佳曲!そのサビに

Hey soul sister, ain't that mister mister on the radio, stereo

The way you move ain't fair you know

Hey soul sister, I don't wanna miss a single thing you do tonight

なーんて、ラジオから流れるMR.ミスターの名前が入ってました!しかし、このバンド、今英米でどれくらいの人に知られているんだろう。